元力士が宅建試験など難関試験に次々合格

以前にヤフーニュースで見たのですが、元力士の方が宅建試験や管理業務主任者試験、ファイナンシャルプランナーなど難関資格に次々合格したようです。最近の宅建試験(平成27年度からは宅建士に格上げ)は合格も難しいので、記事を読んでみました。

(スポンサードリンク)

宅建試験に合格したのは元関脇の隆乃若

この力士の方は、元関脇の隆乃若さん(39歳、本名は尾崎勇気さん)です。現在は草野仁事務所に所属して、テレビコメンテーターなどタレントとして活躍されているようです。

その隆乃若さんが合格された資格が凄い。不動産系からファイナンス系まで幅広く取得されています。不動産系ならば宅建、管理業務主任者、住宅ローンアドバイザー、そしてファイナンス系がAFPです。

宅建試験は合格が難しい

まず宅建試験ですが、世の中では簡単な試験のイメージが強いと思います。確かに今から20年ぐらい前は、合格は比較的簡単でした。しかし現在では合格まで複数回受験される方も結構いらっしゃいます。それぐらい難しい試験です。宅建試験の難易度の詳細はこちら

この宅建試験は毎年10月の中旬に行われます。実際にどんな試験なのか、解答速報ページをご覧になれば参考になると思います。スクールによる講評もあり、どんな感じか分かると思います。

宅建士になるには、登録実務講習の修了も

宅建士(宅地建物取引士)になるには、宅建試験に合格するだけではダメで、実務経験が必要です。確かに不動産は取引価格が高いので、消費者保護の観点でも実務経験は必要ですよね。

しかし実務経験がない合格者の方も多くいらっしゃいます。そのような方には「登録実務講習」を受講する必要があります。

スクールによって多少の違いはありますが、「通信教育」「スクーリング」「修了試験」の3つで構成されています。

宅建登録実務講習の制度概要、お勧めスクール、解説動画などについてのまとめ。なお登録実務講習はいつでも受講することは可能ですが、宅建試験合格から1年以上経ってしまうと、これとは別に「法定講習」を受講する必要があります。

このほか宅地建物取引士として活躍するには、現場での実務経験が大切なことは言うまでもありません。相撲の世界では中学卒業と共に入門される方も多く、社会経験が少ない条件で宅建の世界で活躍されることは素晴らしいと思います。

ファイナンシャルプランナー(AFP)の取得も

また元力士の方はAFPも取得されています。このファイナンス系のAFPの資格というのは、難易度的にはファイナンシャルプランナー2級と1級の中間ぐらいで、合格は比較的難しいと思います。

このファイナンシャルプランナーの試験は入門の3級から、本格的な2級、そして最上級の1級で構成されています。合格に必要な知識量や難易度については、下の記事が参考になると思います。
関連記事 FP解答速報と配点予想、LEC,TAC,大原,ネットスクールまとめ

この他にも甲種防火管理者や甲種防災管理者なども取得されており、今タレントを辞めても不動産業の独立開業も夢ではない感じです。

この隆乃若さん、所属している草野仁事務所のホームページには特技等も記載されています。その特技ですが、「ピアノ演奏ショパン『幻想即興曲』、『別れの曲』」です。元力士とは思えないほど、多才な方です。

このように書くと、もともと頭が良いような方の印象を受けますが、苦労もされたと思いますよ。力士の多くは中卒とか高卒で、それこそ稽古中心の生活ですからね。引退後に一念発起して難関国家資格に合格されるはご本人の努力もあったと思います。

この隆乃若さんが今後注目されることで、さらにステップアップを目指される方が増えると良いですね。

元隆乃若こと尾崎勇気さんの動画

「尾崎勇気講演風景」から。この動画を見るとスリムな感じで、元力士の印象はありませんね。立派なビジネスマンの印象です。

以下、ヤフーニュースより引用。

難関資格を次々取得…元関脇・隆乃若は現在“大学3年生”
日刊ゲンダイ 12月13日(日)9時26分配信

(中略)
手始めは「宅地建物取引士」への挑戦だった。

民法、税法、借地借家法など豊富な知識を求められる合格率15%前後という難関国家資格の一つ。尾崎さんは11年7月から本格的に試験勉強を開始。計200時間の猛勉強もあって、4カ月後に一発合格した。以後も、独学で次々と資格を取得。相撲解説や講演などタレント業のかたわら、「管理業務主任者」や「住宅ローンアドバイザー」「フィナンシャルプランナー」など5つ以上の資格を持つまでに至った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00000005-nkgendai-spo
(リンク先の記事は削除されています。)

スクール

おすすめ試験対策スクール

【資格スクエア】資格試験のオンライン予備校 元伊藤塾の吉野勲先生、元LECの三枝りょう先生など指導経験豊富な講師によるオンライン講義が特長の資格スクエア。ネット通信講座ならではの圧倒的低価格。「資格スクエアクラウド」など、いつでもどこでも効果的に学習できる環境も。

ゼミネット 専用スタジオで収録した臨場感あふれるライブ感覚講義がいつでも気軽に学べる。「高品質」「低価格」の新感覚講義映像が、受験生の方の目標達成を強力にサポート。元LECや元資格の大原の実力派講師による講義も。

生涯学習のユーキャン 初学者でも理解しやすいテキスト。講師や専門スタッフへの質問も可能。講座により動画講義もあり。無料で使える学習サポートサイト「学びオンラインプラス」も。

独学道場

TAC独学道場(TAC出版) 資格の学校TACの看板講師が講義。人気書籍がテキスト。質問も可能。コースにより独学者応援サイトの「無敵クラブ」も用意。通信と通学のハイブリット講座。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: