ホームインスペクター(住宅診断士)試験

住宅診断士試験に関する記事です。

ホームインスペクター(住宅診断士)試験

【受験生必見の解説動画】理事がホームインスペクター(住宅診断士)試験を60分で解説!

おすすめなのが、試験を実施するJSHIの理事によるガイダンス動画。収録時間は約60分。受験生の方が気になる「試験概要」や「合格点(昨年度分析)」のほか、これからの将来性など、充実した内容です。
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

【出願期間が延長】ホームインスペクター試験の締め切りは2019年10月11日(金)まで!

もっとも出願期限ぎりぎりの10月10日前後に申し込んで、本格的に試験対策の勉強をスタートすると、残り時間が少ないです。約1か月程度です。時間が自由に使えるフリーの方ならばともかく、会社員の方などは、1日の学習時間は2時間から3時間、土曜日と日曜日のどちらかを学習に充てても、学習時間は限られます。
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

住宅診断士試験の合格には通信講座が必要な理由とおすすめ講座

費用は掛かりますが、通信講座の受講が得策だと思います。重要部分がまとまっていると思うから。 独学は結局非効率です。特に住宅診断士試験は出題範囲が広いから。そんなインスペクター試験(住宅診断士試験)向けの対策講座が、
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

ホームインスペクター試験には分野別の合格基準点がある!建築・調査診断・不動産取引流通・倫理

住宅診断士試験は90分の試験時間で50問の問題を解くわけですが、4つの分野「建築」「調査診断」「不動産取引流通」「倫理」で構成されています。4つの分野のうち出題数が多く、専門的知識も求められる「建築」なんかは、合格ラインが60%前後という低い年度も。
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

ホームインスペクター(住宅診断士)試験の公式過去問題集を買ってみた!

ホームインスペクター(住宅診断士)試験の公式過去問題集を買ってみました。おすすめポイントのほか、デメリットも。実際に使った見た感想です。
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

【悲報!】ホームインスペクター過去問題集を解いたところ、合格ライン割れ!

公式の過去問題集を解きましたが、合格ラインを大きく割りました。どんな分野が弱いのか、今後すべき学習とは?
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

ホームインスペクター試験の公式テキスト・過去問題集を発売している通販サイトを調べた!

公式テキストと過去問題集は合格を目指す上で必須のアイテムですが、発売している通販サイトは多くはありません。そこで発売している通販サイトを調べてみました。
ホームインスペクター(住宅診断士)試験

住宅診断士(ホームインスペクター)試験の申し込みをネットでやってみた

住宅診断士(ホームインスペクター)試験の申し込みをネットでやってみました。受験料の振込、受験票の発送時期など。
タイトルとURLをコピーしました