第53回通関士試験解答速報!通関実務の合格ラインは?今年も難しい

2019年10月8日(日)に行われた第53回通関士試験の解答速報のまとめです。

2019年10月8日現在、フォーサイト、TAC通関士講座、ユーキャン等が解答速報を公開していますが、それにしても2年連続の難化、そう「通関実務」です。

2018年度の通関実務の合格ラインは、他の科目の60%を大きく下回る50%。2019年度も難しく、通関実務の合格ライン予想に注目が集まるところ。

ネコ
通関実務に力を入れることが合格への近道

解答速報と講評動画

フォーサイト通関士講座

通信教育のフォーサイトです。フォーサイトでは2016年、2017年、2018年に引き続き、2019年度通関士試験で解答速報を公開しています。
フォーサイトはこちら

【講評】合格ラインの予想は、60%か?55%か?(2019年10月8日現在)

フォーサイト通関士講座サイトで、2019年本試験講評が掲載されました。総論(全体の講評)のほか、「通関業法」「関税法等」「通関実務」の各科目の分析も。

この講評の中で、ズバリ2019年本試験の合格基準の予想もあります。引用すると『「合格基準」については、難問も出題されましたが、例年どおりの難問率と捉えると、今年度の合格基準は、標準的な基準である「(各科目)満点の60%以上」と予想されます

なお、科目別に合格基準を設定されることを考慮すると、「通関実務」のみ「満点の55%以上」とされる可能性があります。(以上、フォーサイト講評より)』のようです。

ネコ
ネット上の掲示板をみると、「通関実務」は難しかった、という受験生の方が多いようです

合格ラインについては、試験が難しいと50%とか55%となる年度(科目)がありますが、平成30年度通関士試験の場合は、科目により予想合格ラインが割れる、という感じでしょうか。

なお上記の合格ライン予想については、2019年10月8日(火)現在の速報版であり、今後試験の内容を精査することにより、合格ライン予想も変わる場合があります。ご留意ください(これはどのスクールでも同じことですが)。
フォーサイト講評へ

平成29年度通関士試験、講評
▲ フォーサイト通関士講座(画像は平成29年度「講評」ページから)

ユーキャン

こちらも通信教育の大手であるユーキャンの解答速報です。ユーキャンでは試験終了後から解答速報を順次公開しています。
ユーキャン解答速報へ

ネコ
自動採点サービスも実施中だよ!

したがって少しずつ正解が判明するようですが、この更新状況についてはユーキャンの解答速報ツイッターでお知らせします。

ユーキャン解答速報ツイッター
▲ユーキャンの解答速報ツイッター(画像はツイッターから)

クレアール通関士講座

私の記憶が正しければ、2018年度は、解答速報と解説動画の両方の公開です。しかも解答速報は試験日翌日の公開(10月15日午後5時を予定)と、迅速な対応です!

2019年度の解答速報は、2019年10月8日現在不明です。今後公開されれば、ご案内します。

科目別解説動画

前回の第52回本試験では、クレアール通関士講座から科目別の解説動画が公開されました。試験のポイント、出題の趣旨、正解すべき問題など。第53回については10月8日現在不明です。

LEC東京リーガルマインド

司法試験や行政書士試験など法律系や公認会計士試験など会計系資格の受験指導を行うLEC東京リーガルマインドによる解答速報です。LECでは解答速報に加えて、「所感」と「講評動画」の公開を予定しています。
LECの解答速報へ

所感と講評動画の公開時間
2019年11月中旬予定
(いずれも2019年10月8日現在の情報)

生活の虎
タイトルとURLをコピーしました