医療費控除が使いやすく!マイナンバーで領収書が不要に

医療費が多くかかった場合に確定申告をすると税額が安くなる「医療費控除」。その医療費控除を使うためには医療機関などの領収書が必要ですが、これから始まるマイナンバーの導入により領収書が不要になるようです。

この制度は早ければ2017年夏に開始されると各報道機関が伝えています。したがって2015年とか2016年とかのファイナンシャルプランナー試験を受験される方には影響はないのですが、2017年以降に受験される方、また実務家として活躍される方は注意が必要です。

この医療費制度はFP2級でも試験範囲に入っています。ここで計算式を確認しておきましょう。

【計算式】
(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1)保険金などで補てんされる金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(2)10万円
 ただしその年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額
(参考、国税庁)https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

試験の出題としては例外(ビタミン剤など病気の予防にかかる費用とか、対象とならないタクシー代とか)も押さえておきたいですね。これについては過去問解説レジュメなどで充分に準備をしておきたいものです。

FP

【FP試験の解答速報】
FP試験解答速報はこちら(TAC・LEC東京リーガルマインドなどの大手スクールによる解答速報。講師による動画解説や、試験実施団体による模範解答も)

おすすめFP試験対策スクール

フォーサイトFP講座 LEC東京リーガルマインドで豊富な指導経験を持つ伊藤亮太先生による講義。映像が鮮やかな「ハイビジョンDVD講義」、重要ポイントが効率的に理解できる「フルカラーテキスト」など。合格者の声も掲載。「驚異の合格率」も納得。

ゼミネットFP講座 「高品質」「低価格」の新感覚講義映像が特長のゼミネット。受験指導はもちろん、セミナー講演や各種執筆活動などでも活躍中の、現役のFP実務家講師が講義を担当。受験生の方が苦手な「公的年金制度」「利回り計算」「不動産税制」なども映像講義で分かりやすく説明。サンプル講義あり。

エル・エーFP講座 現役の社労士でファイナンシャルプランニング業務にも携わる中村和枝先生が講義を担当。「必要最小限の労力で最大の効果を」をモットーにFP試験の短期合格を目指す。受講料の一部が戻る「合格祝賀返金制度」あり。

FP独学道場

シェアする

フォローする

error: