ホームインスペクター(住宅診断士)試験の公式過去問題集を買ってみた!

ホームインスペクター(住宅診断士)試験の受験を決めました。

この試験に限りませんが、合格には「公式テキスト」「公式問題集(過去問題集)」のマスターは必須です。さらに効率よく合格を目指すなら、「試験対策講座(動画講義)」の3点セットです。

ネコ
そして繰り返すこと。これが合格への鉄則!

実際に今年の夏に受験したビジネス法務検定2級は、公式テキストと過去問題集、通信講座のセットで、1回で合格できました。この学習法で間違いありません。

さっそく、公式過去問題集を購入した!

ということで、公式過去問題集を購入しました。それにしても高い!3,300円(8%税込)です。

これは知財検定のテキストや問題集に関する記事でも書きましたが、受験者数が少ないのが原因です。宅建だと年間20万人は受験しますが、住宅診断士は1,000人前後です。

問題集の出版には、固定費と変動費がかかりますが、受験者数が少ないと固定費のウエイトが高くなります。だから価格も高い。しかし、しょうがない。高いからこそ、1回で合格するモチベーションにつなげたい。

お金がない
(画像はイメージです)

メリットをまとめてみた

ここから公式過去問題集のメリットをまとめます。

過去5年分の過去問題を収録

実際に出題された過去5回分の問題を収録しています。1年分が50問ですから、5年分となるとかなりの分量です。

実際に最後まで解いてみると、出題の傾向が見えてきます。ぼんやりとですが、細かい論点はともかく、こんな感じで出題されるのでは?そんな自信がつきました。

過去問は繰り返し解いてマスターするもの。3年分では少ないし、10年分では消化不良になることも。50問×5年分=250問は、繰り返しにちょうどいい量だと思います

(スポンサーリンク)

解説が思った以上に詳しい

ホームインスペクター試験は4択なんですが、この公式過去問題集では、多くの肢に詳しい解説が掲載されています。

とある資格試験の公式問題集では、「テキスト××ページ参照」とか、解説のないケースもありました。それと比較すると、とても詳しいと思います。

住宅診断士試験、公式過去問題集の問題と解説
▲1肢ごとに詳しい解説があります

また「上に問題、下に解説」でワンセットになっているのも評価したいです。その都度ページをめくることなく、すぐに解答・解説が確認できて効率的です。

見開きに四問を収録

見開き(2ページ)で4問の問題・解答・解説が収録されています。したがって、ページをめくる回数も少なく、時間短縮に役立っていると思います。

ネコ
司法試験の過去問題集だと、1ページに問題、裏ページに解答・解説だからね

住宅診断士試験、過去問題集、4問収録
▲右ページに2問、左ページに2問の構成です。

もっともサイズが大きい

もっとも公式過去問題集はサイズが大きいです。大学ノートよりも一回り大きい。下のパソコンと比較してください。その大きさが分かると思います。

住宅診断士試験、過去問題集のサイズ
▲公式過去問題集のサイズは、かなり大きい

したがって満員電車で勉強するには向いていません。机の上で学習するのに向いています。このサイズには好みが分かれると思いますが、私的には一回の視野に入る情報量が多く、効率的だと思います。

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)過去問題集 2019年度試験対応

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)過去問題集 2019年度試験対応

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会
3,300円(10/16 10:58時点)
発売日: 2019/10/16
Amazonの情報を掲載しています

受験者数・合格者数・合格率など各種データも掲載

5年分の過去問題を収録していますが、その冒頭に「受験者数」「合格者数」「合格率」など各種データが掲載されています。

したがって、合格に必要なレベルが分かります。

公式過去問題集、試験データも掲載
▲各回のデータが分かります

過去問題集の繰り返しは網羅性に欠ける?

こんな感じで過去問題集を繰り返すことが合格への第一歩だと思いますが、網羅性にかけます。

というのは、過去5年間に出題された問題をマスターしているだけであり、この他に出題されていない箇所が狙われるかもしれないからです。

たとえば建築基準法が出題科目に入っていますが、過去5年間に出題されたのはその一部にすぎません。したがって、メリハリをつける一方で、できる限り網羅的に(抜けがないように)学習したいもの。

ネコ
バランスよく学習しよう!

この「メリハリ」と「網羅的学習」は相反しますが、そこをバランスよく学習することで合格が見えると思います。

これには大手スクールの通信講座がおすすめです。インスペクター試験対策として、LEC東京リーガルマインドから通信講座が用意されています。講師による分かりやすい講義があります

テキストも公式テキストを使用しているので安心です。

LEC試験対策講座へ

おすすめ試験対策スクール

【資格スクエア】資格試験のオンライン予備校 元伊藤塾の吉野勲先生、元LECの三枝りょう先生など指導経験豊富な講師によるオンライン講義が特長の資格スクエア。ネット通信講座ならではの圧倒的低価格。「資格スクエアクラウド」など、いつでもどこでも効果的に学習できる環境も。

アガルートアカデミー 専用スタジオで収録した臨場感あふれるライブ感覚講義がいつでも気軽に学べる。「高品質」の講義映像が、受験生の方の目標達成を強力にサポート。元LECや元資格の大原などによる実力派講師による講義。キャンペーンの実施も。

生涯学習のユーキャン 初学者でも理解しやすいテキスト。講師や専門スタッフへの質問も可能。講座により動画講義もあり。無料で使える学習サポートサイト「学びオンラインプラス」も。

独学道場

TAC独学道場(TAC出版) 資格の学校TACの看板講師が講義。人気書籍がテキスト。質問も可能。コースにより独学者応援サイトの「無敵クラブ」も用意。通信と通学のハイブリット講座。

おすすめ試験対策スクール

【資格スクエア】資格試験のオンライン予備校 元伊藤塾の吉野勲先生、元LECの三枝りょう先生など指導経験豊富な講師によるオンライン講義が特長の資格スクエア。ネット通信講座ならではの圧倒的低価格。「資格スクエアクラウド」など、いつでもどこでも効果的に学習できる環境も。

アガルートアカデミー 専用スタジオで収録した臨場感あふれるライブ感覚講義がいつでも気軽に学べる。「高品質」の講義映像が、受験生の方の目標達成を強力にサポート。元LECや元資格の大原などによる実力派講師による講義。キャンペーンの実施も。

生涯学習のユーキャン 初学者でも理解しやすいテキスト。講師や専門スタッフへの質問も可能。講座により動画講義もあり。無料で使える学習サポートサイト「学びオンラインプラス」も。

独学道場

TAC独学道場(TAC出版) 資格の学校TACの看板講師が講義。人気書籍がテキスト。質問も可能。コースにより独学者応援サイトの「無敵クラブ」も用意。通信と通学のハイブリット講座。

ホームインスペクター(住宅診断士)試験試験・資格
生活の虎
タイトルとURLをコピーしました