住宅診断士(ホームインスペクター)試験の申し込みをネットでやってみた

2019年11月17日(日)に実施される住宅診断士(ホームインスペクター)試験の申し込みをネットでやってみました。

出願方法はネットと郵送の2通り

今回はネットからの出願ですが、郵送での申し込みも可能です。この受験申込書ですが、全国のLEC本校窓口で受け取ることが可能です。

LEC(東京リーガルマインド)は住宅診断士の無料ガイダンスを日本ホームインスペクターズ協会と共催でするなど(試験の実施団体)、安心できる資格スクールだと思います。

今回はネットから受験申込み、その手順は?振込方法も

LEC渋谷駅前本校とか、LECは駅近にあることがあり便利なんですが、今回は出願締め切りが直前なので、自宅のネットからの申し込みです。

(スポンサーリンク)

【手順1】試験を実施する日本ホームインスペクターズ協会のホームページにアクセス

何はともあれ、公式サイトにアクセスです。公式サイトでは住宅診断士に関する情報がたくさんあり、興味深かったです。

会員になるとどんなことができるか、年会費とか保険とか、また不祥事で処分された会員とか、試験以外にも時間をつぶしてしまいました。

さて試験の申込み。試験のバナーをクリックします。

住宅診断士試験の申し込みページ
▲住宅診断士試験の申し込みページ(画像は公式サイトから)

↓公式サイト(試験の申し込みページ)はこちら

試験について - 日本ホームインスペクターズ協会
ホームインスペクションについて学ぶ第一歩として、2009年から実施しています。有資格を問わず、だれでも受検できます。詳細は最新の試験概要を参照してください。例年の合格率なども記載しています。 資格試験要領 試験に関するお問い合わせ JSHI公認ホームインスペクターの資格に関するお問い合わせ 受験者傾向

このページにある説明に沿って受験申し込みをします。ネット申し込みからの注意点としては次のようなものがあります。

  1. 振込手数料がかかる(もっとも郵送出願でも簡易書留料金がかかる)
  2. 受験料は原則として申込から1週間以内に
  3. 受験地は希望できるが、具体的な試験会場は試験会場は、後日郵送される「受験票」でわかる

記入事項が多い

そして「試験受験申し込みページへ」をクリックします。ここからが本番。氏名・住所など具体的な個人情報を記入します。

氏名・住所・生年月日は分かりますが、受験申込フォームの入力事項が多くてびっくりしました。「勤務先名」とか「所属部課名」、「勤務先TEL」など。それも必須事項なんですよ。

もっとも「※該当する項目が無い場合は「無し」とご入力ください」と冒頭にしっかり書いてあるので、個人情報を必要以上に知られたくない方はスルーされるのもいいでしょう。

住宅診断士試験の受験申し込みフォーム
▲住宅診断士試験の受験申込フォームから

アンケートもある

この申込フォームの後にアンケートがあります。回答数が多い印象ですが、協力されるといいでしょう。

なお、2019年9月13日現在だと次にような質問がありました。

【 Q1_試験については何で知りましたか? 】
【 Q2_試験を受験しようと思った動機について教えてください 】
【 Q4_受験勉強に利用しようとしている教材はどれですか? 】
【 Q5_2_新資格に興味ありますか_理由 】
【 Q5_3_新資格を取得したいと思いますか?_理由 】

出願が終了すると返信メールが届く!そして受験料の振込み!

こんな感じで出願が終了します。

住宅診断士試験の申し込み終了
▲出願が無事終了しました

さっきの申し込みを終えると、自動返信メールが届きます。こちらに振込先が書いてあります。どれどれ、振込先はLEC東京リーガルマインドではないか!

そうなんですね、公式サイトにもありますが、LECに業務委託しているみたいです。LECは運営歴が長い総合スクールですから、任せている感じなんでしょう。

なにより、住宅診断士(ホームインスペクター)試験の受験対策講座も開講していますからね。LECの受験対策講座の詳細はこちら

LECホームインスペクター受験対策講座
▲LECの受験対策講座、重要ポイントを中心に作られたオリジナルテキスト+動画講義で合格を目指す!(画像はLECサイトから)

返信メールは大切に保管を

そして出願が終了すると、返信のメールが届きます。「本メールは、受験票が届くまで大切に保管をお願いいたします。」と、注意事項も記載されています。

住宅診断士試験の返信メール
▲返信(確認)メールから

そして受験料の振込です。私はネット銀行のジャパンネット銀行を利用しました。手数料が172円(消費税は8%)とお手頃だったからです。

受験料の振込終了
▲受験料の振込も終了

なお、着金確認メール等の折り返しの連絡は、行ってないようです。申し込みと着金の確認ができた方には受験票が届くので、それをもって確認してください。

ネコ
受験料の支払いが証明できる書類(振込票等)は受験票が届くまで大切に保管を!

受験票の発送時期ですが、2019年度(令和元年度)試験の場合だと、10月28日(月)を予定。11月5日(火)を過ぎても受験票が届かない場合は、LECコールセンターに連絡するようです。

あとは試験の実施を待つだけ!徹底した問題演習で合格を勝ち取る!

こんな感じで住宅診断士(ホームインスペクター)試験の実施を待つだけです。登録フォームでの出願も終わり、正しく受験料も振り込みました。

最近では、ビジネス会計2級に不合格という失態をした私。今回の住宅診断士試験は徹底した問題演習(もちろんテキストの理解も)で合格を目指します。

ただ他の記事にもありますが、公式テキストの分量が多い。したがってLECの試験対策講座で重要ポイントを中心に学習を進めるのがベストだと思います。残り時間も少ないし、忙しい。コンパクトに合格を目指します。

LEC住宅診断士講座へ

住宅診断士試験2019年度パンフレット
▲2019年度試験のパンフレットから。あとは合格を目指すだけ!

なお、2019年度ホームインスペクター試験の出願期間ですが、延長されました。

タイトルとURLをコピーしました