伊藤塾に宅建講座があった!

法律資格を中心に指導を行っている伊藤塾。法律資格の最高峰である司法試験、法曹への新たなルートして注目を集める予備試験、登記の専門家・司法書士や、街の法律家・行政書士、公務員試験対策などを行っています。

その伊藤塾にかつて宅建講座がありました。諸般の事情により2010年度を持って受験指導を終了しました。また市販の書籍も多数出版されています。例えば「うかる!宅建図解テキスト」「うかる!宅建精選問題集」「宅建合格塾 (伊藤塾の資格試験シリーズ)」などです。図解の多用や、脚注に受験生の方の理解を助けるコメントを載せるなど、伊藤塾ならではの良くできた参考書だったと記憶しています。

そんな宅建試験ですが2015年から「宅地建物取引士」と士業に格上げされます。試験が難しくなると予想する声も多数ありますが、士業への格上げにより受験者数も増えるかも知れません。

前述のように伊藤塾は難関法律系資格の指導を中心に行っているのですが、特に伊藤塾の新作問題を見ると、個人的な感想ですが良問が多いように思われます。独特な勘というか、鋭い嗅覚なようなものを感じます。

コストなどの面もあるかもしれませんが、伊藤塾で宅建指導が復活したら受験界の地図も変わるかもしれません。伊藤塾が選ばれる理由とは?

関連動画

伊藤塾合格者インタビュー(2014年行政書士講座)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: