行政書士試験の受験会場が変更!?

法律系の入門資格である行政書士。最近では漫画やドラマの影響もあり、人気もあるようです。もっとも以前よりも合格が難しくなっており、書店に並んでいるテキストや過去問題集のマスターだけでは難しいようです。法律科目、一般知識、そして記述式と、充分な合格戦略が必要であり、やはり独学よりも合格率が特長のフォーサイト行政書士講座や、初心者の方でも行政書士試験の合格が目指せるユーキャンの行政書士講座など大手の通信講座を利用するのがお勧めです。

さて毎年8月に入ると、行政書士試験の申し込みが始まります。そして受験会場によっては満員になり、受験会場の変更もあるようです。

平成27年8月19日現在ですと、東京都の受験会場で日本大学経済学部(試験場コード251)が残りわずかになっています。この日大経済学部は千代田区の三崎町つまりJR水道橋駅近くにあるのですが、大原、TAC、LECなど大手スクールが近くにあります。したがって行政書士試験を受験して、そのあとに実施される本試験分析会などのイベントに参加しやすい立地にあります。

この他にも千葉県、東京都、長野県、兵庫県、鹿児島県の試験場でも変更があるかもしれません。これは試験実施団体の行政書士試験研究センターのサイトに掲載されているのですが、これらの地域で受験を考えている方は注意された方が良いでしょう。

結論としては早めの申し込みがお勧めということになりますが、一方で締切りギリギリに申し込むと試験会場で周りに初学者が多いという考え方もありました。これは受験を迷っている初学者の方が締切り直前に申し込むためとされています。しかし受験会場の変更のリスクを考えれば、やはり早めの申し込みがお勧めです。

これから大きく実力が伸びる直前期に入ります。どんどん勉強してどんどん成績を伸ばして下さい。すると勉強自体が楽しくなり、さらに得点が伸びる好循環に入ります。ぜひ行政書士試験の合格に向けて頑張って下さい!

スポンサーリンク
行政書士

シェアする

error: