【速報】2017年行政書士試験、講評・動画解説まとめ、難易度は「やや難しい?」

2017年11月12日(日)に行われた平成29年度行政書士試験。平成27年度の合格率が13%、28年度が9%と高かったため、平成29年度は試験が難しくなるとの予想があります。

焦っている受験生の方もいらっしゃると思いますが、まずは冷静に試験の分析をすることが大切です。

トラ猫
ネット上などでは「多肢選択式とか記述式とか、やや難しかった」との声も。

そして一部の大手スクールでは、早くも講評動画を公開しています。本試験終了直後に収録された動画であるため、最終的な評価ではありませんが、平成29年度行政書士試験の難易度を知るのに参考になると思います。

なおLECやフォーサイト、伊藤塾などでは解答速報の公開を行っています。割れ問がなければ2~3校程度の解答速報を確認されれば良いでしょう。もちろん記述式の解答はスクールにより若干異なる場合があります。キーワードを中心に比較検討されるといいでしょう。

2017年11月12日(日)の午後1時から3時間に亘り実施された平成29年度行政書士試験の解答速報です。また足切りのある一般知識など、法令科目を一生懸命勉強したのに門前払いになるケースも。ぜひ解答速報を利用していち早く精度の高い情報を得るようにしましょう。

【講評】多肢選択式・記述式の難易度は?

フォーサイト行政書士講座では、早くも講評が掲載されています。この講評を一部引用すると『法令科目については、まず、択一式については、内容の難易度はさておき、比較的オーソドックスな出題が多かったと思います。一部には、受験生の動揺を誘うような出題形式が散見されますが、予想の範囲内といえるものでしょう。

(中略) 最後に、記述式については、昨年同様に難しい印象でした。特に行政法については、その印象が強いです。』とあります(2017年11月12日現在の講評です。今後評価が変更になる場合があります)。

なおフォーサイトの講評ページには法令の各科目の講評のほか、多肢選択式・記述式のそれぞれの難易度や出題傾向など詳細な分析が掲載されていますので、今回の行政書士試験を受験された方はご覧になると良いでしょう。フォーサイトの講評はこちら

フォーサイト講評
▲フォーサイト行政書士講座(2017年行政書士試験講評ページから、講評動画の掲載も)

【講評】法令科目の難易度は?

行政書士試験のメインであるのが、法令科目(憲法・行政法・民法など)です。やはり択一で着実に得点が取れるか?これがポイントです。

そして受験生の方にお勧めなのが、東京法経学院による講評です。総論のほか、全科目(一般知識、記述式を含む)について解説をしています。
東京法経学院・講評はこちら

[全体講評]
 五肢択一式は,例年より若干易しいように思われますが,多肢選択式の難易度は上がっています。また,一般知識等は,いわゆる知識問題が多く,難易度が若干高くなったように感じます。ですので,合否は,記述式問題の出来如何にかかっています。問題46を完答され,問題44及び問題45において,落としてはならないキーワードを書けた方が合格の栄冠を勝ち取られるのではないでしょうか。

引用 東京法経学院

東京法経学院、平成29年行政書士試験講評ページ
▲東京法経学院「講評」ページから

講評動画【速報版】

フォーサイト行政書士講座

フォーサイトの福澤繁樹先生による講評動画(速報版)です。約22分に亘りコメントされています。

伊藤塾行政書士講座

伊藤塾による速報版の講評動画「2017年行政書士本試験後 講師メッセージ」です。伊藤塾行政書士講座の志水晋介先生が開設されています。各科目別に難易度も掲載されており、とても参考になると思います。

LEC行政書士講座

LEC行政書士講座による速報版動画「平成29年度行政書士本試験講評動画(解説担当は内谷克章LEC専任講師)」です。受験生の目線で試験の分析をされています。

ユーキャン行政書士講座

ユーキャン行政書士講座の海野先生らによる動画解説『平成29年度行政書士試験・解答速報&講評動画「~本試験を斬る!~」』です。13分とコンパクトながら、科目別の難易度を提示するなどおすすめの解説です。

TAC行政書士講座

TACの主力級講師の神田理生先生による解答速報会動画です。前半(約60分)と後半部分(約3分)の2部構成ですが、後半の3分は割愛します。

【動画】【TAC行政書士】「平成29年度 本試験 解答解説会」その①

択一の難易度により、記述式の採点に影響も?

今まで見た講評動画や講評を見て分かることは、択一は「標準的」という分析です。

ネコ
記述で勝負でしょうか

私が合格した年度は「択一が易しい」「記述式の採点が厳しい」内容でした。確定的ではありませんが、「択一が易しい~標準的」な年度は、記述の採点が厳しくなる傾向が見られます。

そして今年度の記述式問題は、平成27年の財産分与のような細かい論点ではないものの、行政法の問題44など全体的に難しい出題です。

したがって記述式の採点次第で、合格が決まるような感じです。

トラ猫
記述式の採点基準は公開されないから不安だよね。
平成29年度行政書士試験の記述式の難易度、採点基準などについて。択一の難易度との相関関係にもコメント。各スクールの講評・分析や解説動画も。

今後すべきこと

受験生の方が今後すべきことは、各スクールで実施されている「無料成績診断サービス」や「記述式無料採点サービス」を利用することです。

ネコ
択一よりも、記述式の採点で差がつくかも。

択一を中心とした無料成績診断は、伊藤塾行政書士講座、資格の大原などが大手スクールを中心に実施しています。

なお記述式の無料採点サービスは、LEC行政書士講座、TAC行政書士講座、資格スクエアで行う予定です
参考記事 【行政書士試験】記述式無料採点サービス、TAC・LEC・資格スクエアまとめ | 速報試験ニュース

合格発表は2018年1月31日、時間を無駄にしないように

2017年度行政書士試験の合格発表は、2018年1月31日とかなり先です。不安になって時間を無駄にすることだけは、避けましょう。

行政書士試験は、宅建や社労士などとのダブル合格を目指す方も少なくありません。ダブル合格により業務の拡大が期待できるからです。

もっとも宅建や社労士試験は年に1回の実施です。おすすめなのが、FP(ファイナンシャルプランナー)です。年に3回の実施、しかも出題科目には「不動産」「相続」など、行政書士試験と近い分野が少なくありません。

FP2級の合格が濃厚です(学科48点、実技93点)。また解答速報や2級合否判定サイトについて。

また宅建をはじめ、FP、管理業務主任者試験などに次々に合格した元力士も。

元力士の隆乃若さんが宅建試験や管理業務主任者試験、ファイナンシャルプランナーなど難関資格に次々合格したようです。最近の宅建試験(平成27年度からは宅建士に格上げ)は合格も難しいので、記事を読んでみました。

さらに司法試験予備試験の合格を目指すならば、この記事が興味深いです。

難関国家試験の司法試験に合格して、さらにジュノンボーイに選ばれた河野玄斗さん。凄いのひとことですが、東大医学部出身で司法試験・公認会計士試験に合格した水野遼さんも。また司法試験に合格して婦人警察官になられた鈴木美穂さんも。

いかがでしょうか、ダブル合格を目指している方は結構多い印象です。ビジネスチャンスの拡大も期待できますが、生活防衛の面でも選択肢を増やすことは、重要な戦略のひとつだと思います。

40代で所得が300万円未満の世帯が、20年前と比較して1.5倍にもなっています。収入を増やす確実な方法として「資格取得」をお勧めします。その理由と、費用が安くコストパフォーマンスが良いスクールをご紹介します。
スポンサーリンク
行政書士

シェアする

error: