わずか2つのポイントでペン字が上手くなる!ひらがなの字源と漢字の書き順

2016年1月30日(土)に放送されたTBS系テレビ番組「サタデープラス」で放送されたのが、「超人気!悪筆セラピー」です。この「超人気!悪筆セラピー」はシリーズになっているようで、今日はその続きでした。

今回の内容ですが、タレントの柴田理恵さんがペン字レッスンに臨むもの。登場したクラスは2時間5千円のコースです。したがってわずか2時間で、字が上手くなるらしいです。

「サタデープラス」で紹介された字が「うまくなる2つのポイント」とは?

番組で紹介されたのは、わずか2つのポイント。私も挑戦してみましたが、たった2つのポイントで、字が驚くほど読みやすくなりました。

字が上手くなる!
(画像はイメージです。)

1つ目のポイント『「ひらがな」は字源を想像しながら書く』

一つ目のポイントは、『「ひらがな」は字源を想像しながら書く』という内容でした。

「ひらがな」は、もともとの漢字(=字源と言う)を省略して出来ました。「あ」の字源は「安」、「す」の字源は「寸」という具合です。

柴田理恵さんは字源を想像しながら「ひらがな」を書いたところ、みるみる字が上手くなりました。普段の生活で、書く字の70%は「ひらがな」だそうです。ですから「ひらがな」が上手く書けるようになれば、7割は上達したことになります。

字源一覧(順にひらがな、字源となる漢字)

ここで「字源」と、その字源から生まれた「ひらがな」を掲載します。実際に書いてみると分かりますが、ひらがなは合理的に作られているな、と感じると思います。

あ 安 い 以 う 宇 え 衣 お 於
か 加 き 幾 く 久 け 計 こ 個
さ 左 し 之 す 寸 せ 世 そ 曽
た 太 ち 知 つ 川 て 天 と 止
な 奈 に 仁 ぬ 奴 ね 祢 の 乃
は 波 ひ 比 ふ 不 へ 部 ほ 保
ま 末 み 美 む 武 め 女 も 毛
や 也 ゆ 由 よ 与
ら 良 り 利 る 留 れ 礼 ろ 呂
わ 和 ゐ 為 ゑ 恵 を 遠 ん 无

2つ目のポイントは「漢字の正しい書き順」を押さえる

もう一つの字が上手くなるポイントですが、「漢字の正しい書き順」を押さえる点です。テレビ番組では、「成」と「長」がサンプルとして取り上げられました。

どちらも正しい書き順で書くと、のびのびとした綺麗な字になりました。もともと書き順というのは、合理性のあるものです。腕の可動域などを考慮すれば、正しい書き順で漢字を書くことが一番の上達法であると言えます。

こんな感じで2時間のペン字レッスンで字が上手くなりました。もっともマスターしたテクニックを定着させる必要があります。3日坊主では元の木阿弥ですからね。

OK!
(画像はイメージです。)

おすすめ「ペン字講座」まとめ

ここまで、ひらがなについて綺麗に書くポイントをご紹介してきましたが、実際の場面では「漢字」も登場します。また「ひらがなと漢字のバランス」もマスターすべきポイントです。

このようなテクニックをマスターするには、市販の書籍を使って学習する方法もあるでしょう。もっとも「先生による指導が受けられない」「独学だと挫折しがち」などのデメリットもあります。

そこで初学者の方にお勧めの「ペン字講座」をご紹介します。

日ペンの「ボールペン習字」通信講座(がくぶん)

日ペンの美子さんでお馴染みの「ボールペン字」通信講座です。ボールペン字通信講座はたくさんありますが、日ペン(がくぶん)では次の特長があります。

  1. 1回20分のトレーニングで改善が目指せる
  2. 過去に100万人以上の指導経験がある(通信教育90年の歴史)
  3. DVD講義・テキスト・トレーニングブック・添削問題など充実した学習教材

とは言うものの、「私は続けられるだろうか」と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、「受講生の体験談」のページがお勧めです。

「教材を使ってどのように学習を進めたか」「字が上手くなって、普段の生活がどう変わったか」など参考になる部分が多いと思います。
受講生の体験談へ

がくぶんの「ペン字通信講座」受講者の声
▲ 全国の受講者からの声(画像は「体験談ページ」から)

https://twitter.com/gakunyanta/status/938613627782799360

まずは資料請求(無料)から

「がくぶん」のペン字通信講座では、詳しい講座案内(パンフレット)を用意しています。「他のペン字講座との違い」や「比較」の参考にされると良いでしょう。

またパンフレットは「お名前」「資料の届け先住所」など申込フォームの入力項目も極力簡略化しています。数分で資料請求ができると思います。

無料の資料請求はこちら ↓

ユーキャンの「実用ペン字講座」

ペン字の通信教育と言えば、ユーキャンの実用ボールペン字講座が有名です。2017年7月現在で207万人の方が受講されました。

こちらも1日わずか20分のトレーニング、やさしく効果的なレッスンがお勧めです。年賀状・ビジネス文書・お礼状など、テキストには実用的なお手本が多いのが特長です。

おすすめポイント

ユーキャンの実用ボールペン字講座のおすすめポイントをまとめます。

  1. 「1日20分&週5日のレッスン」で続けられる(すきま時間でも学習できる)
  2. 「実用ペン字講座」の名にふさわしく、「履歴書」「領収書」「伝言メモ」など、ビジネス文書のレッスンも用意
  3. 講師がひと文字ずつ添削する(2017年度は12回の添削指導を用意)

ペン字講座を受講したら、どんどん書くことが大切です。そして以前よりも字が上達し、「人に褒められる」。これがモチベーションアップにつながり、さらにトレーニングが進むと理想的です。

必勝!
(画像はイメージです。)

ユーキャンの「実用ペン字講座」は市販のテキストよりは高いですが、指導者による添削など、きめの細かいトレーニングが期待できます。無駄の多い独学と比較しても満足が行く内容だと思います。

このほかユーキャンの公式サイトでは、「受講生の声」「費用」「添削・指導サービス」などについて詳しく説明されています。こちらも併せてご覧になると良いでしょう。
実用ボールペン字講座へ

まとめ

最近ではパソコンでの書類作成の場面が多くなりましたが、冠婚葬祭など字を書く場面は、今なお多くあります。

字がきれいだと自信がつきますし、また字を書くことが楽しくなります。するとさらに字を書くようになり、字が上達します。このような好循環に持ち込めたら大成功です。

ぜひ添削指導などを通して、ペン字の基礎をマスターされると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

error: