FP過去問題集をタイプ別に分類、目的に応じて使い分けよう

FP(ファイナンシャルプランナー)試験に合格するには、他の資格試験と同様に、過去問のマスターが重要です。FPの試験科目には「学科」と「実技」がありますが、学科で出題される論点はもちろんのこと、実技対策でも効果的です。数回分の過去問を見て頂ければ分かりますが、ほぼ同じタイプの問題が出題されることも少なくありません。

過去問題集はさまざまなタイプがある!

そんな過去問題集ですが、さまざまなタイプがあります。本試験1回分の出題形式にしているもの、テーマ別に問題を並べているものです。したがって受験生の方の目的に応じて使い分けることが可能です。そこでFP過去問題集を具体的に見ていきたいと思います。

本試験1回分のタイプ

これは本試験の出題内容をそのまま収録しているタイプです。代表的なものとして、LEC東京リーガルマインドで発行している回数別レジュメ「2級FP本試験 過去問・解説集」があります(3級もあり)。

FP2級本試験の過去問の解答解説レジュメ。LEC東京リーガルマインドFP講座で回数別に販売。費用も安く抑えながら過去問学習が可能。日本FP協会の資産設計提案業務、金財の個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務、中小事業主資産相談業務を収録。

2級学科の場合だと、実際の試験では4肢択一で正解を選ぶ必要があります。最初から正解肢が分かるケースもありますが、消去法で正解を選ぶケースもあります。この消去法のトレーニングに役立つでしょう。また3級では心配ありませんが、2級以上になると制限時間を意識する必要があります。その時間配分のシミュレーションにも役立つと思います。

テーマ別の過去問題集

FP試験で出題される6分野(「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」)をテーマ別に編集しているタイプです。書店に行くともっとも多いタイプではないでしょうか。

テーマ別になっているため、講義を聞いて復習する際に解いてみるのがお勧めです。ゴールの意識がはっきりし、合格に必要とされる知識のレベルや量も分かるでしょう。

代表的な問題集として、TAC出版の「スッキリとける 過去+予想問題 FP技能士」や、FP受験研究会の「FP技能検定 精選過去問題集(学科、実技)」、「U-CANのFP技能士 過去&予想問題集(ユーキャンの資格試験シリーズ)」等があります。出版社により見開きになっているなど、レイアウトに違いがあったり、解説の量が異なったりします。書店で確認されて、自分に合った問題集を購入されると良いでしょう。

本を選ぶ学生
(画像はイメージです)

ここまで過去問題集をタイプ別に分けて書いてきましたが、大切なことは「何度も繰り返す」ことです。書店に行けば多くの過去問題集や参考書があります。さらに要点集や一問一答形式の問題集まであります。特に試験直前になると、不安も相まっていろいろな書籍に手を出したくなりますが、教材を絞り込み何度も繰り返すことが、合格への近道だと思います。ぜひFP試験の合格に向けて頑張って頂きたいと思います。

FP

【FP試験の解答速報】
FP試験解答速報はこちら(TAC・LEC東京リーガルマインドなどの大手スクールによる解答速報。講師による動画解説や、試験実施団体による模範解答も)

おすすめFP試験対策スクール

フォーサイトFP講座 LEC東京リーガルマインドで豊富な指導経験を持つ伊藤亮太先生による講義。映像が鮮やかな「ハイビジョンDVD講義」、重要ポイントが効率的に理解できる「フルカラーテキスト」など。合格者の声も掲載。「驚異の合格率」も納得。

ゼミネットFP講座 「高品質」「低価格」の新感覚講義映像が特長のゼミネット。受験指導はもちろん、セミナー講演や各種執筆活動などでも活躍中の、現役のFP実務家講師が講義を担当。受験生の方が苦手な「公的年金制度」「利回り計算」「不動産税制」なども映像講義で分かりやすく説明。サンプル講義あり。

エル・エーFP講座 現役の社労士でファイナンシャルプランニング業務にも携わる中村和枝先生が講義を担当。「必要最小限の労力で最大の効果を」をモットーにFP試験の短期合格を目指す。受講料の一部が戻る「合格祝賀返金制度」あり。

FP独学道場

シェアする

フォローする

error: