簿記

東京CPA会計学院(通信講座)で日商簿記2級の合格を目指す&受講してみた感想

東京CPA会計学院で日商簿記2級の合格を目指します!

私は自営業で、毎年の確定申告に頭を悩ませています。幸い、ソフト「みんなの青色申告」に仕訳けのナビみたいなものがあり、なんとか賃借対照表と損益計算書は作れます。

もっとも損益計算書とかは確定申告のためではなく、1年間の活動の分析に利用すべきものであり、やはり簿記の勉強は必要だと思いました

3級では物足りない、1級は重すぎる。そこで日商簿記2級の合格を目指します。そして時間もないので、一発合格が目標です。

私のスペック

  1. 法律系資格(宅建・行政書士)は持っているが、簿記など会計系資格はない。
  2. 簿記は10年ほど前に、挫折した(初めてで仕訳けとかイメージがわかなかった)
  3. 個人事業主で、会計ソフト「みんなの青色申告」はガイドにしたがって、なんとか操作できる

なぜ東京CPA会計学院なのか?

簿記講座を開講するスクールは多くあります。資格の大原やLEC東京リーガルマインド、フォーサイト、ヒューマン(たのまな)、スタディング、ユーキャン、クレアールなど実績あるスクールばかりです。

そして法律系スクールで資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」という通信講座があるのですが、そこで開講していたのが東京CPA会計学院でした。それで受講することに。

2020年4月現在、資格スクエアではビジネス会計検定講座を開講、日商簿記講座は休講しています

実力派講師陣による講義

そんなわけで後で東京CPA会計学院の存在を知ったのですが、講師陣が実力があり、ネット上で口コミと評判を調べてみると実績がある先生が多いようです。

今回受講する2級は国見健介先生、3級は登川雄太です。もちろん東京CPA会計学院には他にもたくさんの講師の方が在籍しています。

また渡辺克己先生とか池邉宗行先生は、以前はLEC東京リーガルマインドで講義を担当されていた実力派講師の方です。

会計系資格(簿記・公認会計士など)に特化したスクール!

この東京CPA会計学院ですが、学校の名前にあるように簿記などの会計に特化したスクールです。指導実績も豊富なので、安心して受講できると思います。

ネコ
簿記のほか、公認会計士試験もメインの学校だよ

【動画】国見健介先生の講義風景(公認会計士試験)

教材が届く!

さっそく教材が届きました。今回は貸方・借方など基礎から学習したいため、日商簿記3級と2級の受講を決めました。

講義時間は次の通りです(以下、私が受講した年度の場合です。最新の講座については、東京CPA会計学院のホームページでご確認ください)。

日商簿記3級
講座内容 全16回(14時間)

日商簿記2級
全38回
商業簿記22回:全12時間
工業簿記16回:全15時間

もちろん東京CPA会計学院には、他にもコースがあります。ご自分に合った受講コースを選ばれるといいでしょう。

3級は2冊(テキスト・問題集)、2級は4冊(商業簿記・工業簿記)

佐川急便からテキストが届く
佐川急便からテキストが届く

簿記3級テキスト
簿記3級テキスト

初学者向けの3級なので、図とか詳しくあります。またテキストですが、書き込み式の例題など、インプットとアウトプットが同時にでき、記憶の定着にもいいと思います

簿記3級の問題集
簿記3級の問題集

文字通り、問題集です。ひたすら繰り返して、基礎をマスターしたいです。

簿記2級テキスト(商業簿記)
簿記2級テキスト(商業簿記)

日商簿記2級のメイン、商業簿記です。今回の6冊の書籍の中で、ダントツの分厚さです。

簿記2級の問題集(商業簿記)
簿記2級の問題集(商業簿記)

専用の個別問題集です。計算力の養成を目的としています。またテキストもそうですが、東京CPA会計学院のオリジナル書籍です。

簿記2級・工業簿記テキスト
簿記2級・工業簿記テキスト

2級の工業簿記のテキストですが、表紙には簿記2級と共に、「管理会計入門」の文字が。つまり公認会計士試験に進まれる方もいらっしゃるのでしょう。

簿記2級・工業簿記の専用問題集
簿記2級・工業簿記の専用問題集

先ほどにも書いた通り、表紙は「管理会計入門」とありますが、中身はガチの2級工業簿記の問題集です。

テキストの中身はこんな感じ
テキストの中身

著作権の関係もあり、詳しくは掲載できませんが、テキストは完全な黒の単色刷りです。

書店に行けば、2色刷りのテキストもあり、またフォーサイト簿記講座などは、「理解を助けるフルカラーテキスト」です。

しかし実際に受講してみると、講義を聞いて重要なポイントを自分で色付け(カラーリング)する、というのも理解と記憶が進みます。そういえば、LEC東京リーガルマインドの一部の講座も単色刷りです。

ネコ
単色刷りは経費節減ではなく、受講生オリジナルのテキストができるという訳だね

もっとも私は面倒くさがりやなので、最初から重要ポイントがフルカラーで印刷されているフォーサイト簿記講座も検討はしました。

フォーサイトはこちら↓

また通勤時間とか、貴重な移動時間で簿記の学習をしたいという受験生の方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には「スタディング」も検討されるといいでしょう。以前は「通勤講座」と呼ばれた通信講座で、名前の通り通勤時間を有効活用できるよう、講座が作られています。

スタディングはこちら

もっとも今回は、東京CPA会計学院の簿記講座で勝負することにしました。

こんな感じで今回の東京CPA会計学院の簿記2級は全4冊。重ねてみると結構なボリュームです。
簿記2級テキストと問題集

ぜひ繰り返し学習して、3か月で初受験&一発合格を目指したいと思います。また受験後は解答速報で、講評の確認などフィードバックもしておきたいです。

この作業が、次へのステップアップにつながります。

評価というか、受講してみた感想。板書がライブ感があって高評価!

東京CPA会計学院の通信講座を受講してみた感想です(個人的な評価です)。

今回の東京CPA会計学院の講義動画は、教室のライブ講義を収録したものです。したがって板書を写しているわけですが、これがライブ感があります。

一般的なWeb動画の通信講座だと、講師の顔とパワーポイントの往復です。それに対して、まるで教室にいる感覚です

最近では新型コロナの影響もあり、通学講座(ライブ講義)を中止している予備校も少なくありません。しかし東京CPAの講義動画ならば、自宅で安心して学習できます。

しかも通信講座のメリットとして、もう一度見たり、再生速度を変えることができます。

ポイント

まるで教室にいる感覚。臨場感あるライブ講義!

通信講座だから、再生スピードも変えられる!

東京CPA会計学院の講師陣は一流と、ネット上では高い評価があるようです。たしかに個人的には通信講座はいいです。話し方がうまい。通学講座を検討されている方も、東京CPAの通信講座をおすすめしたい。そんな感想を持ちました。

(スポンサードリンク)

【3級】登川先生の講義動画(サンプル動画)

【2級】国見先生の講義動画(サンプル動画)

今後の目標

今後の目標をまとめます。専業受験生ではないので、毎日少しずつ時間を捻出して、日商簿記2級の合格を目指したいです。

【目標というか学習プラン】

  1. 一日あたり30分から1時間ぐらい学習できるよう頑張る
  2. 3級と2級の通信講座(映像講義)を消化する
  3. 予習は軽めに、復習は徹底的に。そして覚える
  4. 問題演習に力を入れる

→動画講義の視聴時間、さらに3級と2級の問題集を解く時間も。今年は知的財産技能検定の3級と2級、ビジネス実務法務検定の2級、ビジネス会計の2級、来年には気象予報士試験の合格を目指すので、なんとか簿記の時間を捻出したいです。

今日は2019年3月2日(土曜日)です。次回の日商簿記2級は、第152回試験で2019年6月9日(日曜日)の実施ですが、他の試験の勉強もあるので、何とか学習時間を捻出して一発合格を目指したいです。

ネコ
ただ、消費税増税が実施されると、153回の受験料は値上げになるよね

3級と2級の講義の消化、および問題演習がメインとなります

なお出願は、試験日の約2か月前ぐらいに、近くの商工会議所に問い合わせるといいようです。

参考
簿記  2級 | 商工会議所の検定試験
簿記 2級 | 商工会議所の検定試験

簿記2級のレベル経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務…

続きを見る

-簿記

Copyright© 人気のオンライン通信講座を徹底評価! , 2020 All Rights Reserved.