大手気象予報士講座で通学講座がない&資格スクエアを選んだのは動画講義

司法試験予備試験の合格を目指している訳ですが、気象予報士にも興味があります。

気象予報士試験は合格率が低い難関試験ではありますが、各スクールで通信講座とか通学講座が開かれており、しっかり勉強すれば、合格できるかも?と思った次第です。

(スポンサーリンク)

ある大手資格スクールの通学講座を問い合わせてみた

通学講座と通信講座はそれぞれメリットとデメリットがありますが、通学講座は「緊張感がある」「すぐに質問できる」などの点が魅力的です。

私は関東に住んでいますが、さっそく通学講座があるとホームページにあったので、全国規模で展開する大手スクールに問い合わせてみました。

「近くの××校で気象予報士の通学講座はありますか?」
担当者「現在、開講されていません」

「東京まで出れば、開講されていますか?」
担当者「現在のところ(注、2018年3月)、関東地区では予定はありません」

こんな感じでは私の家の近くでは、その大手スクールの通学講座はありませんでした。もちろん中小スクールでは開講されているかもしれません。

ただ、合格率や合格者数など実績を考えると、やはり大手が良いかなと

受験者数が少ないから?

この大手スクールに限らず、気象予報士の通学講座って少ないんですよね(直前講座、スクーリングは除く)。その原因として、受験者数が少ない点があります。

受験者数は全国で数千人レベルです。一つの県あたりだと、数百人レベル。しかも通信講座もありますからね。通学講座では採算が合わないわけか。

通学講座
(画像はイメージです。)

通信講座のおすすめは?ユーキャンか資格スクエア

もっとも通信講座にもメリットがあります。「通学講座よりも費用が安い」「質問制度もあり」ですからね、利用しない手はありません。

最初に考えられるのが「ユーキャン」。初学者にやさしい大手の通信講座です。次に紹介する資格スクエアと比較しました。

ユーキャンと言えば添削指導。気象予報士講座でもスタッフによる添削指導が用意されています。物理とか数学とかつまずきやすいですからね。添削があると安心です。

迷ったんですが、資格スクエアの講座を購入しました(学科と実技、※注)。ユーキャンも資格スクエアも動画講義があるんですが、以前に他の試験でお世話になったからです。

【注】正確には資格スクエア・気象予報士講座の受講クーポン券を、パソコンソフト販売会社のソースネクストで買いました。講義回数やカリキュラムは同じです。

クーポン券の購入だと、クーポン券の登録日から受講開始となります。もっとも忙しさを理由に、いまだに学習をスタートしていません。一方、資格スクエア公式サイトで申し込むと、その時点から受講開始となります。

その点では、公式サイトで申し込むべきでした。強制的に学習を開始することになるわけですから。開始時期が遅くなると、それだけ合格可能性は低くなると思います(試験日までの残り時間が少ないため

また資格スクエアの講師の方は、ヒューマン新宿校など指導経験豊富な気象予報士の方のようです。学科試験はともかく、合否を左右する実技試験対策に、活用したいと思います。

資格スクエアはこちら

【資格スクエア】気象予報士 ガイダンス動画

他にも通信講座はあるようですが、早く自分に合った講座を選んで、試験対策の学習に入るべきですね。講座選びに時間が掛かり過ぎては、本末転倒です。

【追記】2019年4月末をもって、新規受付を中止

資格スクエア気象予報士講座ですが、2019年4月末をもって新規受付を中止します。なお受講期間中(申し込み・決済日から1年間)は、従来と同じく講義の受講や機能が使用できます。

新規受付の中止については、こちらの記事もご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました