「労一」救済は?2016年社労士試験・講評動画まとめ(大原・LEC・クレアール・ユーキャン)【予想合格ライン】

2016年8月28日(日)に行われた第48回社労士(社会保険労務士)試験。第48回試験から選択式と択一式のスケジュールが変更になりましたが、全国の試験会場では混乱もなく無事終了しました。

平成29年度社労士試験の基準点予想、救済について、大手スクールの講師の方の分析や講評をまとめました。

今回の平成28年度社労士試験ですが、昨年度と比較して「全体的には標準的な出題レベル」という声がネット上で見受けられます(もっとも平成27年度社労士試験は合格率が2.6%と近年稀に見る低すぎる合格率で、この低い合格率の傾向が今後も続くのか注目する必要があります)。

そんな標準的レベルとされた第48回社労士試験ですが、「労一」のみが極端に難しく、ネット上でも「労一」で失敗したという感想が多く上がっています。もっとも社労士試験には救済(補正)制度があり、今後の動き(予備校の予想を含む)に注目です。

オワタ
(画像はイメージです。)

そこで今回は、大手スクール(大原・LEC・クレアール・ユーキャン)の講評動画をまとめました。どの動画も2016年8月28日(日)に収録されたものであり精度には欠ける部分があるかもしれませんが、今後の科目別救済や合格ラインの予想に参考になると思います。ぜひ視聴をお勧めします。

2016年8月29日(月)現在、資格の大原、LEC社労士講座、ユーキャン、クレアールの北村先生による講評動画が公開されています。今後、山川靖樹先生の分析動画もアップロードされると思います。

資格の大原

資格の大原・金沢先生による講評動画です。「選択式の科目別難易度(動画開始後2分38秒頃)」「択一式の科目別難易度(6分21秒頃)」「過去5年間の合格率・合格ライン」などを解説しています。

また資格の大原では予想合格ラインを発表する「合格ライン予想会」も実施するそうです。その際のポイントして金沢先生は、

  1. 「択一式の総合得点は?」
  2. 「選択式の補正科目は?」
  3. 「合格率は?」

の3つのポイントを挙げられています。合格ライン予想会に参加される受験生の方は、この点を中心に注意を払われると良いでしょう。なお「合格ライン予想会」は後日、大原サイトでの動画配信も予定されています。こちらの参加(視聴)もお勧めです。

【動画】「資格の大原 平成28年(第48回)社会保険労務士試験 講評」
※動画は削除されました。

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド社労士講座による講評動画です。この動画も試験日当日(選択式・択一式それぞれの試験から数時間後)に収録・公開された速報版の解説動画です。

選択式と択一式の動画は共に1時間越えのボリュームある内容で、他社の速報版動画よりも詳細に各科目について検討しているのが特徴です。

なおLEC社労士講座では解答速報の公開に加えて、無料成績診断サービスを期間限定で実施しています。

2ちゃんねるなどネット上では、救済予想のスレッドが立つなど、救済と合格ライン予想は受験生の方の一番の関心事だと思いますが、やはり大手スクールで実施される無料成績診断サービスを利用するのが得策です。また偏差値や順位なども出ますので、今回の本試験の検討や次回の試験に向けて合格戦略のひとつにも使えるでしょう。

「【LEC社労士】2016年度(平成28年度・第48回)社労士試験解答速報・選択式」

「【LEC社労士】2016年度(平成28年度・第48回)社労士試験解答速報・択一式」

クレアール

次はクレアール社労士講座の北村庄吾先生による選択式の講評動画です。この動画は正確にはクレアールで提供しているものではなく、北村庄吾先生が代表を務められている「BraiN Consulting Office」による動画です。

もっとも北村庄吾先生による動画ですし、また成績診断サービスもクレアールとブレインコンサルティングオフィスの共同企画なので、「クレアール」と言う表記をしました。

なおクレアール社労士講座では、2016年9月に「本試験分析会」を実施します。これは東京と関西(大阪)でのライブイベントなのですが、後日にクレアール社労士講座で収録動画が公開されます。

収録動画DVDのプレゼントも(期間限定)

また収録DVDの無料送付サービスもあるので、今回の試験のフィードバックを行いたい受験生の方は利用されてみてはいかがでしょうか。詳細はクレアール社労士講座で確認して頂きたいと思います。

【追記】クレアール社労士講座では、今回の動画の解説を行っている北村庄吾先生が執筆された「社労士試験 最短最速!非常識合格法」のプレゼントも行っています。先着順となっているので、送付を希望される方は早めの申し込み(資料請求)がお勧めです。

「平成28年 社会保険労務士試験 選択式解説」

ユーキャン

最後にご紹介する講評動画はユーキャンによるものです。こちらも試験日当日に公開され、各科目の難易度に言及されているので、「今回の試験の難易度は?」と疑問を持つ方にお勧めです。

「平成28年度(第48回)社労士試験当日解説~選択式」
(動画は削除されました。)

「平成28年度社会保険労務士(社労士)試験解説~択一式」
(動画は削除されました。)

【まとめ】全体的な難易度は?

ここまで平成28年度の社労士試験の講評動画(大原・LEC・クレアール・ユーキャン)について見てきました。「労一」は別として試験全体的には昨年度の反動でしょうか、標準的な内容という評価が多いようです。

もっとも11月の合格発表までは何があるか分かりません。昨年の低すぎる合格率の反動から合格率が極端に甘くなる(と言うか、それ以前の平年並みになる)かもしれません。試験種は異なりますが、同じ国家資格の行政書士試験が一年ごとに合格率が上下動しています。

したがって今後受験生の方にお勧めすることと言えば、TACやユーキャンなど大手スクールの成績診断サービスを利用して、精度の高い分析情報を手に入れ、その後は時間を無駄にしないよう次にステップやプロジェクトに進むことだと思います。

「労一」救済について、LEC社労士講座の講師ブログから

なお平成28年度社労士試験「労一」の救済の可能性について、LEC社労士講座の澤井清治先生が自身のブログで記事「平成28年度本試験分析・選択式・労働一般救済の可能性」にされています。

今回の本試験のネックとなりそうな「労一」ですが、その救済の可能性について興味のある方は参考にされてみてはいかがでしょうか。ブログ記事の詳細はこちら

このほか、社労士講師ブログではTAC講師陣やフォーサイト講師などの最新ブログ記事が分かります。こちらも今後の救済の情報収集について閲覧されてみてはいかがでしょうか。

参考サイト 社労士講師ブログ

【追記】LEC社労士講座による総評動画

日曜日に実施された平成28年度社労士試験から二日経った2016年8月30日(火)にLEC社労士講座から総評(正確には「所感」)動画が公開されました。

担当は昨年度に引き続き滝則茂(たき のりしげ)先生です。昨年の滝則茂先生の所感動画は硬い感じでした(昨年の社労士試験は問題が難しく、合格率も最低)。それに対して今年は試験自体は昨年よりも取り組みやすい内容だったので、昨年のような硬い感じでありません。

この動画「2016年 社労士本試験 所感」は約29分の収録内容です。本試験当日に収録された解答速報動画と異なり、少し総括的なコメントもありました。また動画自体が29分とボリュームある内容ですので、各科目についても詳しく感想を述べられています。

今年の社労士試験の合格発表は11月ですが、それまでに一度視聴をお勧めしたい動画です。

【追記2】山川靖樹先生の検証会動画も公開

山川社労士予備校を主宰されている山川靖樹先生の講評動画(前半・後半)が公開されました。山川靖樹先生は元LEC社労士講座で全国通信を担当されていたエース級講師の方です。

そんな山川靖樹先生の第48回社労士試験の分析会動画ですが、前半と後半を併せても40分前後、倍速ならば20分ぐらいで視聴できる内容です。山川靖樹先生による各科目別の分析もあり、今年の社労士試験を受験された方にお勧めの検証会動画です。

【前半】選択式をメインに扱っています。

【後半】択一式の分析です。「この問題は取れたか」など山川先生独自の分析に注目です。

スクール

おすすめ試験対策スクール

【資格スクエア】資格試験のオンライン予備校 元伊藤塾の吉野勲先生、元LECの三枝りょう先生など指導経験豊富な講師によるオンライン講義が特長の資格スクエア。ネット通信講座ならではの圧倒的低価格。「資格スクエアクラウド」など、いつでもどこでも効果的に学習できる環境も。

ゼミネット 専用スタジオで収録した臨場感あふれるライブ感覚講義がいつでも気軽に学べる。「高品質」「低価格」の新感覚講義映像が、受験生の方の目標達成を強力にサポート。元LECや元資格の大原の実力派講師による講義も。

生涯学習のユーキャン 初学者でも理解しやすいテキスト。講師や専門スタッフへの質問も可能。講座により動画講義もあり。無料で使える学習サポートサイト「学びオンラインプラス」も。

独学道場

TAC独学道場(TAC出版) 資格の学校TACの看板講師が講義。人気書籍がテキスト。質問も可能。コースにより独学者応援サイトの「無敵クラブ」も用意。通信と通学のハイブリット講座。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: