ビジネス実務法務検定2級に公式問題集を繰り返して96点で合格!効果的な使い方とは?

ビジネス実務法務検定2級を受験し、自己採点が96点で合格見込みです。公式問題集を繰り返して、合格できたと思います。

公式問題集の使い方とか

老婆心ながら自分自身が使い込んだ経験をもとに、効果的な使い方をまとめたいと思います。

ビジネス実務法務検定2級公式問題集

講義を聞いたら、すぐにそのテーマの問題を解く

公式問題集は、前半はテーマ別、後半は実際の過去問(=本試験)が収録されています。通信講座で理解したら、前半に収録されている「そのテーマの問題を解く」、これが大切です。

ネコ
難しいから後回しにしたいです

最終目標は「2級の合格」です。つまり公式問題集が解けるようにならなけばいけません。最初は解けなくても大丈夫です。繰り返すことで3回目ぐらいから解けるようになるでしょう。不安の必要はありません。

不安になる前に、何度も繰り返してください。

公式問題集の前半部分はテーマ別
↑公式問題集の前半部分はテーマ別です。先生の話を聞いて理解したら、すぐ問題を解く、の流れ作業です。

問題文が長いことも。まず慣れよう

3級と違い、2級は問題文が長いことがあります。まずこの長さに慣れることです。図にすることも大切ですが、繰り返すことで長文への不安もなくなると思います。

ビジネス実務法務検定2級は問題文が長い
↑問題文が長いことも。

詳しい解説で理解を深める

公式問題集(前半のテーマ別)は、問題文で1ページ、解説で1ページ割いています。つまり解説がとても詳しい。インプットはテキストや講義だけではありません。この解説もインプット教材の一つです。

解説が詳しい

私の場合ですが、繰り返した回数は5回前後です。解説が詳しいので、頭のいい方はもっと早くマスターできると思います。

実際の過去問でさらに理解を深める

公式問題集の後半部分は、実際の過去問です。本試験と同様に40問を2時間で解きます。3回分収録されています。

過去問は3回分収録
↑過去問は3回分収録

なお第45回試験で96点取れた私ですが、この過去問では第1回目が84点、第2回目が60点、第3回目が78点です(100点満点)。

弱点分野が出題されると、第2回目のように得点が低くなり合格も難しくなります。このように弱点分野の発見も問題演習の大切な目的の一つです。

ビジネス実務法務検定2級は問題文が長い
↑もちろん問題文も長い

解説は徹底的に読む

公式問題集は後半部分(実際の過去問)でも解説が詳しくなっています。徹底的に読んで理解を深めました。これも合格ラインの突破に役立ったと思います。

過去問でも解説が詳しい
↑テーマ別はもちろんのこと、過去問部分でも解説が詳しい

2級はボリュームがあるから、メリハリをつけた学習が必要

ビジネス実務法務検定の2級は、3級を土台にしています。したがって3級の知識+2級で新しく出てくる知識と、ボリュームがあります。

2級は3級よりもボリュームがある

したがってメリハリのある学習が必要です。特に社会人受験生ならば、学習時間は限られています。重要部分を中心に時間を投下しましょう。

私の場合は、通信講座(動画講義)を利用して、先生が重要と話された部分を中心に勉強しました。やはりプロの講師に頼るのが一番だと思います。

問題集からも重要部分が分かる

なお重要部分は問題集からも分かります。問題集を下の写真のように少しずらしてください。ボリュームがあるのが重要部分です。

公式問題集でボリュームから重要部分が分かる

第4章の「企業に関する法規制」とか、第5章の会社法とかボリュームがありますね。特にここは力を入れましょう。

なお細かい重要分については、やはり通信講座を利用するのがおすすめです。

(スポンサーリンク)

【まとめ】講義+過去問題集で合格できた!

やはり最終的にはこれにつきます。通信講座の講義を聞いて、過去問題集を繰り返す。これだけでも合格ラインは突破できると思います。

さらに公式テキストを併用することで、高得点が狙えると思います(私がそうでした)。ぜひビジネス実務法務検定2級の合格に向けて参考にしてください。

ビジネス実務法務検定試験2級公式問題集〈2019年度版〉

ビジネス実務法務検定試験2級公式問題集〈2019年度版〉

3,456円(09/21 10:57時点)
発売日: 2019/02/01
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました