試験・資格

試験に合格!出版社にお礼のメールを送ってみた

先日の記事で、FP(ファイナンシャルプランナー)2級の「合格が濃厚」になったと書きました。市販のテキストと問題集を中心に学習を進めて合格できたわけですが、お礼のメールを出版社に送ってみました。

関連記事
合格祈願
FP2級の合格が濃厚と、2級合否判定サイトについて

日本FP協会2級の試験を受けてきました。試験会場が駅から遠く、疲れた一日となりました。 目次 解答速報で予想得点を知る!大手スクールの合否判定サイトがあった!試験を振り返ってやはり過去問学習が効果的だ ...

続きを見る

御礼のメールを送って約半日後に返信のメールを頂きました。内容は「合格されておめでとうございます」と、「今後ともよろしくお願いします」という感じのものでした。合格出来て私自身もうれしいのですが、文面から出版社の方も喜んでいただいているのが分かります。こちらまでうれしくなります。

そもそも書籍を使って合格したとしても、お礼のメールを送る義務などありません。しかし私自身も制作者として消費者の方にお礼をもらうとうれしくなり、次の製作へのモチベーションアップにつながります。つまり「送ってうれしい」、「もらってうれしい」、それが合格報告のメールなのではないでしょうか。

この他にも行政書士試験に合格した時も、出版社に合格報告およびお礼のメールを送りました。その時も喜んでいただきました。

また宅建試験に合格した時も別の出版社にお礼のメールを送ったのですが、この時は合格体験記を書き、数千円分のクオカードを頂きました。このようにちょっとしたメールから、収益につながるケースもあります。

御礼のメールにより出版社の方に喜んでいただき、それがモチベーションアップにつながり書籍も更に充実すれば、今後の受験者の方にも喜んで頂けるでしょう。ぜひ今後も続けたいです。

(スポンサードリンク)

-試験・資格

© 2020 人気のオンライン通信講座を徹底評価!