【朗報】Seesaaブログの記事アドレスが自由に作れる!【カスタム記事URL機能】

seesaaブログの「カスタム記事URL機能」とは?

無料ブログの大手であるseesaaブログから「カスタム記事URL機能」がリリースされました。このカスタム記事URL機能とは自由にアドレスが作れるものです。具体的にはこんな感じです。

subdomain.seesaa.net/article/hello-world.html
(注、これは実在するURLではありません。)

このarticle以下の部分、今回の「hello-world」のように任意にアドレスが作ることができるようになりました。以前は無機質な数字のみのアドレス(自動的に付与される)でしたので、なかなかの朗報です。

カスタム記事URL機能の注意点とは?

このカスタム記事URL機能には、アドレスの作成に際に以下の注意点があります。

「公開・非公開に関わらず、記事を保存した時点で決定され、保存後に変更はできません。」

最初にきちんとした目的を持ってアドレスを決める必要があります。とりあえず自動的に与えられるアドレスにしておいて、「後で変更しよう」というのはできません。

「指定しなくても記事の保存は可能です。その場合には従来通り、数列が自動的に設定されます。」

記事作成画面の下部にある詳細設定で、アドレスのURLをします。これの指定がないと、従来のように自動的な数字のアドレスとなります。

「半角英数だけでなく、日本語の文字列も指定できます。使用できない文字列が指定された場合には保存時にエラーになる、あるいは、使用できる文字列に自動変換するなどして記事の保存が行われます。」

これは素晴らしい機能です。wordpressでも日本語で指定することができますが、今回のseesaaブログの新機能でも日本語の文字列が利用できます。

もっともネット上の掲示板等で記事を紹介された場合、日本語ドメインだと文字列が極端に長くなり、また見た目も長いため良い印象を受けないことがあります。

「数字のみの文字列は指定できません。」

これは尤もだと思います。数字のみのアドレスならば、今回の新機能は必要ないでしょ?という話です。ただし数字に特別な意味を持たせる場合だと対応が必要です。たとえば記念日に関する記事とかです。このような場合は数字のみおのアドレスは作れないため、「単語+数字」でのアドレス作成がお勧めです。繰り返しになりますが「数字のみ」のアドレスはできないという話です。

アクセスアップも期待できる?

いかがでしたでしょうか。今回のseesaaブログの新機能「カスタム記事URL作成機能」は、今後ネット上でも話題になりそうです。またグーグルなどの検索画面では文字列も表示されるため、SEOやアクセス数アップにもつながるかもしれません。どんどん新機能がリリースされるseesaaブログ、今後もますます注目です。

「カスタム記事URL機能をリリースしました」(画像クリックでseesaa「お知らせ」ページに移動します。)
seesaaカスタムアドレス

そのほか今回の新機能の詳細については、seesaaブログを参照して頂きたいと思います。

【Seesaa】カスタム記事URL機能をリリースしました

平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

記事ページのURLを任意の文字列で指定可能とする、カスタム記事URL機能をリリースしました。

従来、記事ページのURLは、以下のように自動的に数列が設定されるのみでした。
http://info.seesaa.net/article/435995265.html

今回リリースされたカスタム記事URL機能を用いることで、例えば以下のような記事ページURLにすることも可能となりました。
http://info.seesaa.net/article/custom-kijiurl.html

記事ページのURLにも意味合いをもたせたい場合などにご利用いただくと効果的です。

(以上、seesaaブログより
http://info.seesaa.net/article/custom-kijiurl.html)

【追記】「記事概要」も設定可能に!

今回の記事で扱っているカスタム記事URL機能がリリースされた日にはなかったと記憶していますが、2016年6月15日現在、投稿管理画面に「記事概要」なるものができていました。具体的な説明は以下のようになっています。

記事概要
ここに入力した内容がOGPタグやRSSフィードなどのDescriptionや、トラックバック概要として反映されます。Facebookやトラックバック受信先などで、Descriptionを参照している場合、ここで指定した内容が表示されます。未記入の場合には記事の内容から自動生成しますので、空欄のままでも記事の投稿保存は可能です。

つまりOGPでの設定が可能なようなので、ツイッターカードで表示される文章も制御できるようです(実際に確認しました)。

もちろん記事投稿時に作業が増える訳ですが、フォローワーが多い方とか、ツイッターでの拡散を期待されている方には、この「記事概要」の機能はとても役立つと思います。もちろんFacebookなど他のSNSでの拡散を考えている方にもお勧めです。

記事概要機能

関連記事

seesaaブログの他、お勧めの無料ブログサービスについて紹介しています。

スマホサイトにも広告が入らない無料ブログがファンブログです。ファンブログはブログサービスの大手であるseesaaのブログシステム(プラットフォーム)を採用しています。パソコンサイトはもちろん、スマホサイトでも全く広告が入りません。

また本格的にレンタルサーバーでワードプレスを運営したい方には、こちらの記事がお勧めです。

レンタルサーバー初心者の私が、Xserverに決めた理由とは?「安定性(稼働率)」「容量」「価格」「無料でSSLが使えるか」など。無料ブログのメリットも。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: