【図解】seesaaブログをホームページのようにする方法【自由形式をトップページのみ表示する】

インターネット上で情報発信ツールとして便利なのが、ブログシステムです。従来のホームページと異なり、記事を書くことだけに集中すれば良く、タグなど基本的な知識がなくてもウェブサイトが作れるのが特長です。

レンタルサーバー初心者の私が、Xserverに決めた理由とは?「安定性(稼働率)」「容量」「価格」「無料でSSLが使えるか」など。無料ブログのメリットも。

ブログは更新頻度が重要

もっともブログは日記形式で表示されるため、その更新頻度に注目が集まります。閲覧者の方がブログ記事の日付を見て古い記事ならば、他のサイトに移動されるかもしれません。

その一方でホームページのようなウェブサイトならば、ブログのように高頻度な更新は期待されないと思います。ブログが「動」ならば、ホームページは「静」というイメージでしょうか。

そこでブログ運営者の中には、その更新頻度に疲れてしまう方もいらっしゃいます。その対処方法のひとつが、「ブログをホームページのように表示する」というものです。

seesaaブログをホームページのように

ブログをホームページみたいにする方法とは?

一般的にはブログの場合、新しい記事をエントリーする古い記事は追いやられます。そうでなく、常に一定の記事(コンテンツ)をトップページに置くことで、ブログでありながらホームページのように見せることが可能です。

個別記事を遠い将来の日時にする

その表示方法ですが、記事の日付を遠い将来にする手があります。たとえば個別記事のエントリー時期を2020年1月1日などにします。すると当分の間はトップページ(記事)が固定されます。

ただしこの方法だと、日付が表示されてしまうのが欠点です(テンプレートによる)。そこで考えたのが、「自由形式」を使う方法です。

seesaaの「自由形式」を使う

具体的にはこうです。トップページにふさわしいコンテンツ(「自由形式」)を用意する。そしてトップページだけに、そのコンテンツ(「自由形式」)を表示させるというものです。

もちろん自由形式は「トップページのみ」、「カテゴリーページのみ」、「記事ページのみ」など柔軟に表示させることができます。またseesaaブログのシステムを利用しているソネットブログ、さくらのブログでも同じようにホームページ形式に表示することが可能です。

具体的なやり方(自由形式をトップページのみに表示する)

ここから具体的な方法を見ていきましょう。初めての方ですと不安に感じるかもしれませんが、意外と簡単です。図解と併せて説明していきますので、ぜひやり方をマスターして頂きたいと思います。

  1. 「デザイン」→「コンテンツ:PC」に進む
  2. 管理画面のサイドバーにある「オプション」のチェックボックスにチェックを入れる(下の図を参照してください)
  3. seesaaブログのオプション

  4. チェックを入れたり、外したりすることで、「トップページのみ」「カテゴリーページのみ」「記事ページのみ」など、柔軟に自由形式を表示させることができます。
  5. チェックを入れる
    ▲ チェックボックスが4つありますが、すべてにチェックを入れると全てのページで表示されます。

この自由形式にブログパーツ等のソースを書き込むことで、表示させたいページだけにブログパーツを表示させる、と表現方法も可能です。ぜひサイトの目的に応じて調整して理想的なサイトにして頂きたいと思います。

いかがでしたでしょうか。今回はseesaaブログをホームページのように表現させる方法について記事にしてみました。

なおseesaaブログはパソコンページには広告が表示されませんが、スマホページには広告が表示されます。これを避けるならば、seesaaブログからfanblog(ファンブログ、seesaaと同じブログシステムを使用)への引越しや、wordpressの利用も考えられます。

スマホサイトにも広告が入らない無料ブログがファンブログです。ファンブログはブログサービスの大手であるseesaaのブログシステム(プラットフォーム)を採用しています。パソコンサイトはもちろん、スマホサイトでも全く広告が入りません。

またseesaaブログの新機能として、記事アドレスを希望の文字列にすることもできるようになりました。詳細についてはこちらの記事を参照して頂きたいと思います。

無料ブログの大手であるseesaaブログから「カスタム記事URL機能」がリリースされました。このカスタム記事URL機能とは自由にアドレスが作れるものです。その特長と注意点について。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: