【お名前.com】銀行振り込みとコンビニ支払いの比較、メリットとデメリット

ドメインを取得するときに利用しているのが、お名前.comです。扱っているドメインの種類が豊富で、また各種キャンペーンも実施。また最近では「.tokyo」ドメインも扱っています。そんな「お名前.com」の支払方法について比較しました。

(スポンサードリンク)

「お名前.com」の支払方法には「クレジットカード」「銀行振り込み」「コンビニ支払い」がありますが、このうちの「銀行振り込み」と「コンビニ支払い」を複数回行いましたので、それぞれのメリットとデメリットについて比較検討してみたいと思います。

銀行振り込みのメリットとデメリット

メリット 銀行振り込みのメリットとしては、出金記録が通帳に残ることでしょうか。確定申告に備えて領収書の保管は必須ですが、通帳に記録が残っていれば代用できる可能性があります。

また請求書を発行してもらえる点もあります。ネット銀行ならば、自宅などで24時間決済することが可能です。

デメリット 銀行振り込みのデメリットとしては、振込料金が発生する点が挙げられます。「お名前.com」の振込指定銀行と、入金金融機関が異なると、意外に高い振込料金が必要になります。

もう一つのデメリットは、入金確認まで時間が掛かる点です。私の推測ですが、一日数回にかけて担当者の方が入金確認をしているではないでしょうか。したがって入金確認まで時間が掛かるケースがあるので、その間に他の方が同一ドメインをクレジットカード利用で先に入手することも想定されます。

コンビニ支払いのメリットとデメリット

メリット コンビニ支払いのメリットとしては、銀行振り込みと同じですが、クレジットカードが必要ない点があります。クレジットカードもデータ流出など全くないとは言えません。その点、コンビニ支払いは安全です。

次のメリットが、入金確認が比較的早い点です。過去数回のケースですが、約30分で入金確認がされていることが多いみたいです。

この入金確認については、お名前.comのヘルプページに書いてあります(要ログイン)。2016年3月現在の情報ですが、ファミリーマートの入金確認が約30分と比較的早く、遅いコンビニチェーンですと3時間ぐらいかかるケースがあるようです。

お名前comコンビニ支払い領収書
▲ コンビニでドメイン料金を支払うと、このような領収書が発行される(ファミリーマートの場合)。

デメリット デメリットとして「150円+消費税」の手数料が掛かる点です。また利用できるコンビニも、「ファミマ」「セブンイレブン」「ローソン」「セイコーマート」など限られています(2016年3月現在)。

もっともセブンイレブンだけでも、全国の店舗数が約18,000店と多いので、それほど困ることはないでしょう。

なお一部コンビニチェーンでは、専用の端末を使い支払票を発行します。コンビニごとに支払い方法が若干異なるので、詳細についてはお名前.comで御確認ください。

ここまで銀行振り込みとコンビニ支払いのメリットとデメリットを比較してきましたが、クレジットカード支払いにもメリットとデメリットがあります。これについてはお名前.comのヘルプページなどを参考にして、ご自分のプラン・用途に合わせてご利用頂きたいと思います。

ドメインの引越し(移管)です。従来から利用している「お名前.com」と、新たに利用を考えている「スタードメイン」を比較検討してみました。それぞれのメリット、デメリットについて
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: