明正堂書店(東京御徒町)

【2012年11月5日の記事を再編集しています】

上野の老舗書店と言えば「明正堂書店」です。以前には、昭和通りと春日通りの交差点にある電電ビル(現在はNTTビル)の店の他、京成百貨店(現在の丸井上野店)地下1階、アメ横の店(二木の菓子の横)などたくさんありました。

(スポンサードリンク)

現在では本離れや通販の影響でしょうか、電電ビルと上野駅ナカの2店しかありません。なお電電ビルの中にある店舗はNTT上野店と呼ばれています。

上野駅1階にある明正堂書店は駅の中にあり便利ですが、もともとは貨物専用の場所を改装したため(と記憶している)、天井も低く圧迫された印象があります。

それに対して御徒町の明正堂書店(明正堂NTT上野店)は多少空いていますが、場所柄でしょうかビジネスマンの方も多く、ビジネス書や資格取得関係、金融などに関する書籍が多いような気がします。

ネット書店が反映している昨今ですが、これからも残って欲しい書店のひとつです。ぜひ御徒町に出かけた際や、目の前の多慶屋を利用した帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

関連記事 多慶屋の口コミと評判をまとめてみた

NTT上野店の様子(2012年11月)
明正堂書店、2012年11月上野店

(追記、2015年8月)上の写真にある明正堂NTT上野店は、2015年7月31日をもって営業を終了しました。詳細はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: