やはりマンションは購入より賃貸

不動産の購入に関して意見が割れるのが、購入か賃貸かという点です。どちらもメリットとデメリットそれぞれありますが、マンションに関しては賃貸がお勧めです。

(スポンサードリンク)

最近発覚したマンションのデータ改ざん問題。賃貸ならばすぐに引っ越せるものの、分譲だとそうはいきません。これがマンション購入の一番のデメリットと言えるでしょう。

次のデメリットが、修繕や建て替えの問題です。住民の中には退職されて年金生活の方もいらっしゃるでしょう。すると経済的な面で、大規模修繕ができないケースが想定されます。

また最近では数百万円台とか、驚くほど安い中古マンションもあり話題になっています。しかし一部を除けば、老朽化が激しい物件が多く、購入後に思わぬ出費があることも。そもそも数百万円台という価格がすべてを語っています。なぜそこまで安くしないと売れないのか?これがすべてでしょう。

マンションは購入より賃貸
▲ 団地とベランダ(記事とは関係ありません)

それから節税対策でタワーマンションを購入するケースもありますね。しかし一部の全国紙で報道されたように国税庁の通達により、節税対策のメリットも薄れつつあります。またワターマンションは、一般的なマンションに比べて、その規模から修繕費もかなりの額になります。大規模修繕の際に住民の合意形成ができるのか?この点も問題です。

他にもマンション購入のデメリットはありますが、やはり賃貸の方がお勧めだと結論できます。もちろん一般的な不動産投資や節税対策としてマンションを購入されるのであれば問題はないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: