胃がん治療も内視鏡の時代へ

2015年11月17日付の朝日新聞(関東版)に胃がん治療について書いてありました。

その記事では胃がん患者のケースが紹介されており、胃の3分の2の切除を提案されたようです。しかしがんセンターで相談し、負担の軽い内視鏡手術を行うことになりました。

結局内視鏡手術を選択し、その後の経過も良好のようです。

この内視鏡による胃がん手術ですが、ステージ(進行具合)などにより選択できる場合があるようです。内視鏡の手術の種類にもよりますが、保険適用の対象になります。

最近では若い社会人の方でも胃がんになるケースは少なくありません。NHKのBS1の報道番組「国際報道2014」などでキャスターを務めた黒木奈々さんは32歳の若さで胃がんのため亡くなりました。決して他人事ではありません。

(スポンサードリンク)

協会けんぽ(全国健康保険協会)のホームページによれば「日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています」だとか。日本人の死亡原因のトップは癌です。やはり早期の段階から対策を採っておくべきでしょう。

対策として考えられるのが「健康診断」と「がん保険」に入ることです。健康診断の重要性は言うまでもありません。問題は「がん保険」の加入ですね。

がん保険は加入後、90日の免責期間(保険会社により「待ち期間」「待機期間」「不填補期間」などとヨ暴れるケースも)があるので注意が必要です。また癌の進行具合によっても保険金が支払われない場合があります。

したがって、ガン保険の加入を考えている方は、各種パンフレットを目に通し、保険金の支払い等について十分に注意されると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

error: