【2017年宅建試験】合格ラインは33点?34点?35点か?【講師の講評・コメントまとめ】

2017年10月15日(日)に2時間に亘り行われた平成29年度宅建士(宅地建物取引士)試験。受験生の方はお疲れだと思いますが、一番の関心事は「予想合格ライン」だと思います。

【速報】2017年宅建試験の難易度は「易しい?」「難しい?」【合格ライン予想は?】
2017年10月15日(日)に行われた平成29年度宅建士試験。平成28年度宅建士試験の難易度が低かったため、今回の試験も難易度が低いと予想する声もありました。その結果ですが、難易度としては「易しい」「難しい」と評価が割れています。

わずか1点の差で、合格と不合格になる訳ですから、やはり気になるもの。そこで大手スクールや講師の方による講評やコメントをまとめたいと思います。

2017年(平成29年)宅建試験合格発表!最年長は89歳、最年少は13歳!おすすめの通信講座は?
平成29年度宅建試験の合格発表の結果分析と、難化する宅建試験に向けて、おすすめの通信講座のまとめ。

予想合格ラインまとめ

フォーサイト宅建講座、講評では予想合格ラインの発表も

フォーサイト宅建講座では、試験日当日の夜に講評が発表されています。

講評によると『今年の試験について、全体的な難易度は、「昨年と同レベル」という印象でした。そのため合格の点数は、35点くらいになると考えられます。(フォーサイト試験講評より、10月15日時点の予想)』だそうです。

試験終了後の受験生の方の感想(2ちゃんねるやツイッター)等を見ても、「合格ラインは34点から35点前後」との声が多かった印象を受けます。

なおフォーサイト本試験講評では、配点の高い「宅建業法」、一部難問が出題された「権利関係」、最後の合否を決めるかもしれない「法令上の制限」や「その他の法令」について科目別にコメントされています。ぜひ参照されるといいでしょう。
フォーサイト講評はこちら

フォーサイト宅建試験、解答速報
▲ 解答速報のほか、講評と解説動画を公開(画像はフォーサイト解答速報ページから)

大原・吉野哲慎先生の予想合格ラインは33点、34点(2017年10月16日現在)

資格の大原宅建講座の吉野哲慎先生の予想合格ラインは33点のようです。なお2017年10月16日現在の予想基準点であり、今後データ分析などを踏まえ、予想ラインが変更になる場合があります。

最後に、私の個人的な合格予想点ですが…
本年度の宅建試験の合格点は、33点と予想します。
高くても34点。
32点の可能性も十分あると思っております(^-^)

引用「宅建試験 合格点予想&ラジオ出演|吉野 哲慎 宅建士 スキルアップブログ(2017-10-16 07:32:00に投稿)」
https://ameblo.jp/knpky474/entry-12319936665.html

LEC亀田信昭先生は33点か34点(2017年10月15日現在)

LEC宅建講座やマンション管理士講座など指導経験豊富な亀田信昭先生は、33点か34点と予想されています。

昨年と比べると、やや難なので、
合格推定点33、34点

引用 カメ山君の受験奮闘記: 解答速報
http://wachagona857.blogspot.jp/2017/10/blog-post_15.html

LEC黒田武雄先生は33点か34点と予想(2017年10月16日現在)

同じくLEC宅建講座で豊富な指導経験を持つ黒田武雄先生は33点か34点と予想されています。

私も解答速報のため解きましたが、
難易度は、昨年に比べやや難しく感じました。

過去に問われていない問題も多く、
うっかりミスを誘うように出題されていました。

個人的感想では「33~34」です。
権利6~7、制限・税・他5~6、宅建業法18,免除4~5

引用「平成29年度宅建士試験お疲れ様でした|必勝!合格請負人 宅建試験編」
http://blog.goo.ne.jp/takekuroda/e/1fe4a725ec7e2cb7b9331114e1a88b61

元LECの宮嵜先生は、34点か35点と予想(2017年10月15日時点)

宅建みやざき塾の宮嵜先生は、34点か35点と予想されています。

☆合格予想ライン☆ 2017.10.15 17:20時点のデータによる。
合格率が例年通り15~18%であれば、
34(30%) または 35(70%) くらいです。

引用「★本試験当日夜 2017宅建本試験を語る ~分析と合格予想ライン~ 宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログ~」
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/855ba56f937bc48f3517479fbe47a9e8

大原・保坂つとむ先生(たっけん.com)(2017年10月15日時点)

「50日でうかる宅建士」でお馴染みの保坂つとむ先生は34点の予想です。

というわけで、予想合格ラインですが、たっけんコムでは…
34点
と予想致します。
(あくまでも予想です。外れたらゴメンなちゃい(大汁

引用「宅建試験お疲れ様でした!|保坂つとむの宅建ブログ」
https://ameblo.jp/hosaka-tsutomu-no-blog/entry-12319890006.html

日建学院は34点±1点(2017年10月15日現在)

日建学院は34点±1点と予想しています。

合格推定点
合格推定点34点±1
※合格推定点については、あくまで当学院が独自に判定したものです。また、速報値のため、変更になる場合があります。

総評
今年度の宅建試験について、全体的な難易度は昨年度と同程度といえる。

引用 日建学院
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/kaisoku/number.aspx

TOP宅建学院は34点±1

推定合格ライン:34±1

※平成29年10月16日現在のものです。
※この速報は、TOP宅建学院が独自に判定したものであり、予告なしに内容を変更する場合があります。

引用「ここがポイント!ゼロから合格メルマガ
http://archives.mag2.com/0000274554/

【検証会動画】タキザワ宅建予備校の解説動画まとめ

「先生方の合格ライン予想は分かった、あとは自分で予想を立てたい」という受験生の方のおすすめの動画が、タキザワ宅建予備校で公開された検証会動画です。

全部で5つの動画から構成されているボリュームある内容です。試験問題を用意して視聴されると効果倍増だと思います。

【検証会動画その1】「2017年度宅建試験分析会1」

【動画その2】
https://www.youtube.com/watch?v=bpDJWHeyjcs

【動画その3】
https://www.youtube.com/watch?v=udW-8KaEV-w

【動画その4】
https://www.youtube.com/watch?v=1wDAF4n3dP4

【動画その5】
https://www.youtube.com/watch?v=UYQNzR6OEBA

難易度は難しい?易しい?無料成績診断で精度の高いデータを!

ここまで御紹介した合格ラインを見ても分かるように、下は33点から上は35点まで割れています。指導経験豊富な講師の方でさえ、予想が割れています。

したがって受験生の方としては、LECやTACなど大手スクールで実施されている無料成績診断サービスを利用して、精度の高いデータ分析をするようにしましょう。

なお各スクールでは解答速報のページで、成績診断サービスの案内をしています。

宅建士試験解答速報・解説動画まとめ【フォーサイト・資格スクエア・LEC・ユーキャン・クレアール】
今年の宅建士試験を受験された方には、大手スクール数校の解答速報を利用して自己採点を行い、無料成績診断で合格可能性をチェックする。そして成績診断サービスの「登録」と「分析結果の公開」が終わったら「次のステージに進む」。これが時間を無駄にしない方策だと思います。
error: