調剤薬局でジェネリックをしつこく勧められてうんざり

調剤薬局でジェネリック薬品(後発品)をしつこく勧められて、うんざりしました。これからは先発品を服用します。

(スポンサードリンク)

テレビCMでもお馴染みのジェネリック薬品。一番の特長は価格の安さです。これは先発品と異なり、特許料・開発費が上乗せされていないために、価格が安くなる仕組みになっています。

もっとも先発品とジェネリックの成分は同じものの、全く同じ薬ではありません。効果がある部分は薬のほんの一部分であり(大きさ的には、ようじの先程度の小さいもの)で、その多くは添加物です。この添加物の違いにより薬の溶ける時間が異なり、効果も違うと指摘する声もあります。

しかし費用が安いことから、医療費の高騰に頭を悩ます政府は、ジェネリック薬品の推進を図っています。これはその通りだと思いますが、先日、調剤薬局を利用したところ、しつこくジェネリック薬品を勧められうんざりしました。

ジェネリック薬品にうんざり

そもそも先発品を選ぶか後発品を選ぶかは、病状の回復を願う患者の任意の選択によるはずです。しかし今回のケースでは、かなり勧められました。また担当の薬剤師がジェネリックを使わない理由をしつこく聞いてくるのです。監督官庁に抗議することも考えましたが、今後その薬局は利用しないことにしました。

さてジェネリック薬品を勧める理由ですが、これは薬局にインセンティブがあるためです。具体的には点数が加算され、より多くの報酬が得られるためです。つまり国の医療費を下げることよりも、その薬局の収入を増やすことが一番の目的だと思います。

またジェネリック薬品を購入すれば総医療費は安くなるかもしれませんが、先発品を開発した会社は、それだけ莫大な費用が掛かっています。先発品を購入することで支援する選択肢もあっていいのではないでしょうか(新刊と中古本の購入に似ているような気がします)。

もちろん全ての薬局がしつこくジェネリック薬品を勧める訳ではありません。しかし患者の薬に対する価値観を無視して、しつこく勧めることはどうなのか?と思いました。また調剤料とかも高く、先発品を選択したからと言って、支払額が極端に安くなるわけではありません。

スポンサーリンク

シェアする

error: