子猫を拾ってきました&岩合光昭さんの「猫に嫌われないコツ」とは?

子猫を拾って育てています

【この記事は2012年6月の記事を再編集しています】

うちの猫です。2012年の1月に道路に捨てられていたので、拾ってきて育てています。2011年10月生まれ(推定)。育ち盛りで、どんどん大きくなっていきます。いたずらも多いけれど、大切な家族の一員です。

今日のにゃんこ

【追記、2015年5月】
早いものでうちの猫も3歳半になりました。子猫の当初は体重も軽く、首を指でつまんで持ち上げることができたのですが、今は推定で5キロぐらいあり、立派な大人になりました。

猫はネズミのおもちゃが大好きなんですが、しっぽを飲み込むなど心配なケースも。

顔の辺りにも肉がついてきて、少し肥満体系になりました。今後は肥満型ネコ用のえさ(幼猫・成猫・高齢猫向けの他に肥満対策のえさもありました!)もあるので、それらの活用も考えています。病気の予防にも。

尿路結石に!しかし通販でロイヤルカナンを安く購入できました

また安い餌が原因なのでしょうか。尿路結石になってしましました。動物病院で指定の餌(ロイヤルカナン)を紹介して頂き購入しましたが、結構値段が高いのが困りました。

そこでネット上で探して安い所が見つかりました。詳細については下の記事をご参照ください。

ロイヤルカナン(食事療法食)の購入について。ペットビジョンとアマゾンの比較。

岩合光昭さんの「猫に嫌われないコツ」とは?

このブログでは、猫の写真(画像)を掲載しています。やはり猫の成長を写真で残しておきたいもの。もっとも気分屋の猫のことですから、なかなか良いショットを撮らせてくれません(笑)。

そこでヤフーニュースで見つけたのが、動物写真家の岩合光昭さんによる「猫に嫌われないコツ」です。全文は長いので割愛しますが、「なるほど!」と納得しました。

動物写真家・岩合光昭が教える「猫に嫌われないコツ」とは?

(中略)
――今は猫ブームで、一般の人もスマホなどで撮影する機会が増えました。上手く撮りたいと考える人も多いと思うんですが、岩合さんの考える猫に愛されるコツは?
【岩合光昭】僕が言えるのは、愛されるコツではなく、“嫌われないコツ”ですね。まず、自分の要求を考えないことです。写真を撮るとき、つい「こういう写真を撮りたい」とか「可愛い仕草を撮りたい」と思ってしまう。でも、それは猫の意志じゃない。撮る方の意志なんです。どこの国だったか、猫と10何年一緒に暮らしている人が、「猫を一度も抱いたことがない」と言っていました。「どうしてですか?」と聞くと、「猫の意志を確認したら、私は抱かれたくないと猫が言ったから」と(笑)。でも、それこそがその猫とその飼い主さんとの、とても親密で、自然な関係性だと思うのです。

――猫の意志を尊重することが大事なんですね。
【岩合光昭】はい、僕もいつも、撮影のとき、「猫様、写真を撮らせていただけますでしょうか」と猫の機嫌と様子を伺います。

引用:ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000359-oric-ent

猫が主人公、意思を尊重する

この岩合光昭さんの記事で納得したのは「猫の意志を尊重する」という点です。もちろんこれは猫に限ったことではありませんが、大切な視点だと思います。

それにしても岩合光昭さんは、たくさんの猫の写真を撮影され、度の猫の写真も「生き生き」としています。やはり猫の気持ちを考えた撮影が大切なようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: