寝台特急カシオペアが廃止へ【動画あり】

2016年春から開通する北海道新幹線。その一方で、寝台特急カシオペアが廃止になります。

この寝台特急カシオペアの廃止について新聞各社が伝えていますが、大きな理由は北海道新幹線の運行に支障が出る点のようです。カシオペアは従来の客車で新幹線とは規格が異なり、専用の機関車を連結すれば運転は可能ですが、コストの面などで調整がつかなかったようです。

(スポンサードリンク)

ネット上では鉄道ファンのみならず、一般の方からも悲しむ声があります。確かに所要時間を重視するならば北海道新幹線よりも飛行機ですし(しかも格安航空券がある)、またJR九州では観光に特化した企画列車も多数運行されています。このような視点から見れば、観光資源の多い北海道への旅行において、寝台特急の廃止は選択ミスと言えるのではないでしょうか。

もっともカシオペアの客車は寝台客車の中では比較的新しい部類になります。したがって東日本を一周する特別列車など、利用価値は十分に有ります。またそのような列車になれば、東北地方の復興にも役立つのではないでしょうか。

以下、ヤフーニュースより引用

カシオペア実質廃止 はまなす、白鳥も JR2社調整
北海道新聞 9月2日(水)11時0分配信

JR北海道とJR東日本が来年3月の北海道新幹線新函館北斗―新青森の開業に合わせ、人気の寝台特急「カシオペア」の札幌―上野間での運行を実質的に廃止する方向で調整していることが1日、分かった。年に数往復程度、臨時運行させる可能性がある。札幌―青森間の夜行急行「はまなす」、函館―新青森間の特急「白鳥」「スーパー白鳥」も廃止する方針だ。来年3月から青函トンネルを走る定期旅客列車は新幹線だけとなる。

引用:ヤフーニュース(リンク先の記事は削除されています。)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00010002-doshin-soci

ネット上の反応

動画ニュース

カシオペア実質廃止へ JR、新幹線開業で調整 はまなす、白鳥も(2015/09/01) 北海道新聞

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: