大宮駅で廃車予定?の115系を見た【画像あり】

JR大宮駅で廃車予定?の115系を見ました。長野色と新潟色の車両です。

(スポンサードリンク)

この115系を見たのは2015年10月下旬です。宇都宮線の電車に乗っていると、大宮工場で留置されている車両を見ることができますが、今回は懐かしい115系の電車でした。

宇都宮線(東北本線)や高崎線等で活躍した115系電車ですが、作られて40年近い古い車両も多く、現在では231系電車や233系電車に置き換えられています。

そして最後の活躍の場として長野地区や新潟地区があったのですが、211系電車などの投入により、廃車になる予定の様です。今回撮影した115系も廃車になるのでしょうか。

【画像】大宮駅で見た115系長野色電車
115系長野色、大宮駅で

【画像】同じく115系の新潟色の電車
115系新潟色、大宮駅で

この115系電車、首都圏で使用されているときは古いイメージがあったのですが、今では名車だと思います。座席数も多く、また231系電車と異なり、座席も柔らかい感じがします。

また115系電車はいろいろなタイプがありました。量産型の300番台とか、座席に余裕がある1000番台電車などです。

また中央本線から移ってきた低屋根型車両も宇都宮線(東北本線)で走っていたこともあります。さらに高崎線等の115系電車は7両・4両のユニットで組まれていますが、このうち7両のものが、4両+3両になっていることがありました。

また115系電車では行先を表わす「サボ」という金属版が使われていました。折り返しとなる上野駅では係員の方が交換しているのを覚えています。上野駅のホームの端には「サボ」の置き場があり、「上野⇔氏家」など珍しいサボもありました。


トミーテック 1/10 サボコレクション 第1弾 「高崎⇔長野」 ミニチュア 鉄道模型 完成品 単品

ちなみに高崎線のサボは白地に黒文字、宇都宮線は青地に白文字です。このほか貨物線を利用した通勤時間帯の「赤羽止まり(赤羽で乗客を降ろした後は田端の信号場へ)」の電車は青地のサボの以前に紺色?のものがあった記憶がありますが、これについてはあまり自信がありません。

なおJR東日本の115系は近いうちに廃車になるようですが、譲渡された「しなの鉄道」などでは現役車両として活躍しています。機会があった乗車してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: